カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年10月12日
  • カンボジアニュース

不動産業界 プノンペンとシアヌークビルを中心に活況を呈す[経済]

news_201710121
(c)Khmer Times

 10月6日から2日間にわたり開催された不動産展示会に、30社以上のディベロッパーと約4000人の来場者が参加し、カンボジア最大規模となった。クメールタイムズ紙が報じた。

 展示会に参加した業界関係者らは、プノンペンとシアヌークビルはの不動産は、中国人観光客の急増に後押しされ、引き続き力強く成長すると予想している。

 弁護士のソク・シパナ氏は、「不動産業界は、シェムリアップではなく、プノンペンと沿岸都市シアヌークビルが将来の活動の中心となる。観光客は通常、シェムリアップには一度しか行かず戻ることはない。一方シアヌークビルは、観光客が長期滞在し何度も訪れるため、アパートやコンドミニアムの需要が増えるのではないか」と述べた。

 このイベントを開催したリアルエステート・ドットコムの創業者、モエック・チェンダ氏は、「現在不動産業界は適度なペースで発展しており、開発業者は増加している。プノンペン、シアヌークビル、バッタンバン、シェムリアップ、コンポンチャムなどで活況を呈しているが、将来は、プノンペンとシアヌークビルの2地域が最も大きな可能性を秘めている」と話す。

関連記事
経済
カンボジアのコンドミニアムの販売価格、下降は僅か 第1四半期[経済]
(04月14日)
経済
パンデミックによる不動産業界への影響 低価格帯物件は堅調 カンボジア[経済]
(04月02日)
経済
手頃な価格の住宅の開発が焦点になると予測 カンボジア[経済]
(01月13日)
労働
フン・セン首相、家賃を値上げしないよう家主に呼びかける[労働]
(12月27日)
経済
政府促すも低所得向け住宅開発、増加せず カンボジア[経済]
(12月26日)
経済
オクスリー・ジェムがザ・ピークの新しい請負業者を発表 カンボジア[経済]
(12月02日)
あわせて読みたい
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
業界
これ以上無いほど徹底して利便性を追求[不動産]ジュリアン・ホー チェニー・チャン
業界
プノンペンの不動産は依然として健全[建設・内装] ミース・プロックサー
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース