カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年9月14日
  • カンボジアニュース

シアヌークビル国際空港 改修工事後、年明けに再稼働[経済]


(c)Khmer Times

 民間航空局が、シアヌークビル国際空港の改修工事は年末までに完了し、来年初めには稼働できると発表した。クメールタイムズ紙は報じた。

 1200万~1500万ドルを費やし、ターミナルと誘導路の拡張により、より大型の航空機の対応が可能となる。これにより、年間50万人を収容できるとしている。クメールタイムズが報じた。

 プノンペン、シェムリアップ、シアヌークビルの3つの国際空港は、仏系企業ヴァンシが70%の株式を持つカンボジアエアポート社が運営しており、3空港開発のため、2040年までに20億ドルを投資する予定だ。

 現在、シアヌークビル国際空港には地元航空会社とエアアジアを含む4つの定期便と、中国・ベトナムから8つのチャーター便が運航している。シアヌークビルは、観光やビジネス面で成長のポテンシャルを持つエリアの1つで、改装後は、国際線と地方からの大型航空機を就航予定だという。

 太平洋アジア観光協会(Pacific Asia Travel Association=PATA)のカンボジア支部会長は、「多くの国際線が運航すると、コスト削減が可能だ」と述べ、専門家や地方当局は、「改装によって、観光客や海外のビジネスマンの直接誘致を期待している」と話した。

 シアヌークビル国際空港は2016年、国内線と国際線で前年比、運航便数が41.8%増の2600便以上、乗客数は65.8%増の15万6887人に達した。3空港合わせると、運航便数7万3000便、乗客数700万人以上で、前年同期比でそれぞれ4.5%と8.6%の増加となった。

関連記事
経済
イオンとマックスバリューが非接触の決済システムを導入 カンボジア[経済]
(06月19日)
労働
第4次産業革命に向け、データサイエンティストの育成を実施 カンボジア[労働]
(06月04日)
経済
シアヌークビルで5つ星ホテルの建設プロジェクトが承認 カンボジア[経済]
(05月26日)
社会
シアヌークビルの道路復旧・拡張プロジェクト 9割方完了 カンボジア[社会]
(05月18日)
経済
中国人が去った余波 カンボジア・シアヌークビル[経済]
(03月05日)
社会
米政府機関、ウエステルダム号の陽性反応女性は感染者ではないと一時発表 カンボジア[社会]
(02月25日)
あわせて読みたい
特集
タオン・コン観光大臣が語る、観光大国カンボジアの実現
業界
直行便は、時間の節約が大事な日本人投資家やビジネスマンの方々にとって有益
業界
大事なことは、業界問わず共に市場拡大を目指して都市を盛り上げること[観光・飲食] ノエル・フーラー (2/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース