カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年7月27日
  • カンボジアニュース

カンボジア縫製業界 米国に特恵関税制度の見直しを要求[経済]

news_201707272
(c)Khmer Times

 衣料品及び履物メーカーはカンボジア政府と協力し、カンボジアからの履物輸出に特恵関税制度(GSP)を与えるよう米国に要求している。クメールタイムズ紙が報じた。

 GSPは、開発途上国の輸出所得の増大,工業化と経済発展の促進を図るため、開発途上国からの一部の輸入品に対し、一般関税率よりも低い税率とする制度。しかし、米国政府は自国の産業を保護するため、履物、繊維製品、衣料品はGSPの対象から除外されている。
 
 カンボジア縫製業協会(GMAC)は、米国政府が貧困国へのGSPを見直す時期と発言を受けて、全ての履物企業と協議し、米国のGSPの見直しを要求したいという。業界の最低賃金の上昇は、カンボジアの競争力に大きな影響を与え、産業の成長を抑制すると懸念されているが、GSPはカンボジアの競争力を助長すると述べている。

関連記事
経済
プノンペン中心部にあるダムコー市場 北部郊外に移転予定[経済]
(04日)
経済
ゴミ収集収業者シントリー社 賃上げに合意 カンボジア[労働]
(12月28日)
経済
2018年の建設プロジェクト数は19%減少 カンボジア建設省[経済]
(12月26日)
経済
米系酪農企業 カンボジア産牛乳の生産を拡大[経済]
(12月24日)
経済
プノンペンの賃貸マンションユニット数 2030年までに3倍に カンボジア[経済]
(12月20日)
経済
MF大手ハッタカクセカー 社債を証券取引所に上場 カンボジア[経済]
(12月15日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア新しいスタンダード -カンボジア税制に対応したクラウド会計ソフトがいよいよ登場!-CAMBODIA NEW STANDARD
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
業界
カンボジアの税法に合わせた会計ソフトを開発 [法務・税務・会計] 安藤理智
業界
カンボジアの税務制度は変革期にある[法務・税務・会計]マック・ブラタナ、 ドゥク・ダリン
業界
有用性のある事前調査、プランニングが大切 [法務・税務・会計] 宮田智広
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース