カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年7月20日
  • カンボジアニュース

今年上半期におけるカンボジアのゴムの輸出量 倍近く増加[経済]

 農業水産省によると、2017年上半期においてカンボジアのゴム栽培量が70%増加し、輸出量が約2倍に増加したという。クメールタイムズ紙が報じた。

 今年上半期においてゴムの輸出量は6万5556トンと前年同期から197%上昇。栽培面積は11.6%増の43万3827ヘクタールとなった。栽培量も昨年同時期から70%増の9万2379トンとなっている。

 同省のゴム担当責任者は、価格が安定すれば、ゴムのプランテーションの土地面積は引き続き増加すると考えていると発言。ベトナム、マレーシア、中国がカンボジアの主要なゴム市場となっているという。

 ヴェイン・サコン農業水産大臣は、2018年から2022年にかけてゴムは供給過多となり、価格は引き下がると指摘。しかし、2023年からは、需要が上がり価格は再上昇すると述べた。

 An Mady Groupの副社長であるリム・ヘン氏は、今年と来年においてはゴムの価格は安定すると予測しつつも、政府に対しゴム輸出に関わる税金を引き下げ、国内投資を増やすよう要求している。

 カンボジア政府は世界の最大ゴム輸入国である中国を筆頭に、国際市場の拡大を試みつつ、国内の生産工場の増設により雇用を創出しようとしている。

関連記事
経済
カンボジアのゴム輸出価格 減少続く[経済]
(11日)
経済
カンボジア胡椒農家 低価格続き厳しい状況[経済]
(10日)
経済
カンボジア胡椒 新たなマーケットを模索[経済]
(06日)
経済
韓国企業 カンボジアの農業分野に関心[経済]
(05日)
経済
カンボジアコメ協会会長 EU関税導入検討に懸念表明[経済]
(03日)
経済
カンボジア産キャッサバの価格が上昇[経済]
(11月30日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(4/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(1/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(3/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(2/4)
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース