カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年7月17日
  • カンボジアニュース

建設プロジェクト 今年前半期で総額49億ドルと好調[経済]

news_201707171
(c)The Cambodia Daily

 国土整備・都市化・建設省のデータによると、カンボジアの建設プロジェクトの総額は今年前半期で49億ドル、昨年の同時期から27%上昇した。カンボジアデイリー紙が報じた。

 今年前半期で計1523件、720万平方メートル、総額49億ドルに値する建設プロジェクトが承認された。1183件のプロジェクト数で総額38億ドルだった昨年同時期から上昇している。プロジェクトは、プノンペンの超高層ビルから全国の住宅までを含む。

 昨年10月、世界銀行はカンボジアの建設ブームに伴うリスクについて指摘し、“マクロ経済の安定性維持のため、建設業及び不動産業を厳しく監査する必要がある”と述べている。


本記事は翻訳・翻案権の許諾を得て掲載しております。

関連記事
経済
ローカル向けの低価格帯コンドミニアムの販売により平均販売価格が低下[経済]
(17日)
経済
トゥールコーク区に多文化ホール 伝統や歴史に焦点を当てた不動産プロジェクト[経済]
(04日)
経済
カンボジア建設省、未登録の外国人建築家や技術者 国外追放も視野に[経済]
(03日)
経済
今年第2四半期のコンドミニアムの供給がわずかに上昇 カンボジア[経済]
(01日)
経済
不動産学校の設立に向けマレーシアの大学と覚書を締結 カンボジア[経済]
(01日)
経済
不動産クリード プノンペン郊外で住宅販売開始[経済]
(08月27日)
あわせて読みたい
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
業界
他社から抜きんでた会社になるためには、『革新』が大事です [建設・内装] エリダ・キムスルン
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース