カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年6月5日
  • カンボジアニュース

カンボジアの野菜生産を増やすため2千万ドルの計画を開始[経済]

news_201706051
(c)Phnom Penh Post

 農林水産省は1日、国内生産を増やし、輸入を減らすために地元の野菜と香り米の生産を増やすため2000万ドルをかけて3年間のプログラムを実行すると発表した。プノンペンポスト紙が報じた。

 このプロジェクトの目標は、野菜の生産を1日160トン増やし、年間50万トンのコメ生産を増やすことだという。現在までに、2060人の農家と260人のコメ協同組合がこのプログラムに募集され、来月に植え付けを開始する予定だ。

 政府の担当者は、「3年間のプログラムは、農林水産省のGood Agriculture Practices基準に従って野菜栽培を活性化させるだろう」と話した。

 現在、1日あたり500~600トンの野菜がカンボジアに輸入されていると推定されている。

関連記事
経済
農林水産大臣はより安全な食糧を強く求める カンボジア[経済]
(16日)
経済
バナナ農家に政府への登録を指示 カンボジア[経済]
(16日)
経済
果物輸出のガイドラインが完成間近 カンボジア [経済]
(13日)
経済
上位中所得国を目指すカンボジアへ支援を継続するようEUに要請[経済]
(08日)
経済
商業大臣 バッタンバンの製粉工場への投資を中国企業に要請[経済]
(07日)
経済
シェムリアップとコンポントム州で新しい有機野菜市場が開設[経済]
(01日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(4/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(1/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(3/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(2/4)
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース