カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年5月23日
  • カンボジアニュース

カンボジア国産の野菜生産を強化 輸入増加に歯止めがかかるか[経済]

news_201705231
(c)Khmer Times

 ポーサット州の農民は新しい野菜市場において最初の5年間を無料で利用できる。クメールタイムズ紙が報じた。

 この市場は近隣諸国からの野菜輸入の減少と農民の家計向上を目的としている。

 政策研究センターが実施した調査によると、カンボジアは200~400トンの野菜を近隣諸国から毎日輸入している。ベトナム、タイ、中国から野菜を輸入するのに、年間1.5億ドルから2.5億ドル費やしている。

 輸入費に歯止めをかけようと、政府は今年から8つの州で野菜生産を増加し始めた。このプロジェクトの予算は2000万ドルで、そのうち約1000万ドルが野菜やその他作物の生産に使用される。

 経済財務省のボンセイ・ビソット長官は、カンボジアは生産に向けた適切なシステムを欠いており、そのため国産の野菜が輸入より高価になっていると指摘。

関連記事
経済
ドリアンの収穫高は悪天候のため減少 カンボジア[経済]
(15日)
経済
年間5万4149トンの家畜と肉を輸入 カンボジア[経済]
(04月26日)
経済
農産物の輸出に対する付加価値税を2023年まで免税か カンボジア[経済]
(04月01日)
経済
15年続いたカンポット・ケップ塩協会が解散危機 カンボジア[経済]
(03月22日)
経済
カンボジア農業大臣「今後はコメ以外の作物に焦点を当てる」[経済]
(03月08日)
経済
ポーサット州に新たな水力発電所の建設に向け中国と韓国の企業に交渉中[経済]
(02月20日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(4/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(1/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(3/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(2/4)
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース