カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年5月22日
  • カンボジアニュース

ANZ ロイヤルグループと距離を置く[経済]

news_201705221
(c)Phnom Penh Post

 オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)は、5月中旬に発表された国家警察の発表に基づき、現地パートナーであるロイヤルグループとの距離を置く姿勢を改めて示した。プノンペンポスト紙が報じた。

 国家警察の報告によると、ロワー・セザン2ダム(Lower Se San 2 Dam)の開発に伴って、不法伐採の疑惑がキット・メン氏が会長を務めるロイヤルグループに生じているが、同グループは否定している。

 ロイヤルグループは、ANZとのジョイント・ベンチャーであるANZロイヤル銀行の株式を45%を保有している。

 5月18日、ANZの広報担当者は、「ANZとANZロイヤル銀行は、ロイヤルグループの活動に関与しておらず、同グループはパートナーではあるが、我々はダム・プロジェクトへの資金提供は全く行っていない」と発表した。

 ANZロイヤル銀行は、同グループによる土地紛争や児童労働などのスキャンダルが発覚した後、与党上院議員が保有する砂糖プランテーションとの関係でも調査を受けており、そこでの不正行為が明らかになった2014年に、ロイヤルグループとの関係を断っている。

関連記事
経済
プノンペン空港から都心部を繋ぐ鉄道 来年4月に一般公開予定[経済]
(23日)
社会
カンボジア警察 偽物のナンバープレート取り締まりへ[社会]
(18日)
政治
地方選挙 13万の無効票を調査 カンボジア国家選挙委員会[政治]
(06月27日)
経済
ナンバープレートにQRコード 2017年末までに実施目指す[経済]
(06月26日)
経済
国際貿易における税金・関税のため 単一窓口サービスを開始[経済]
(06月21日)
法律
カンボジアの消費者保護法 未だに草案段階[法律]
(06月11日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (2/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
トップインタビュー ANZロイヤル銀行 CEO グラン ナッキー No.1
業界
カンボジアの税関の汚職について、不正を無くすには、不正に応じないこと[運輸・物流]クルーチ・ソピアックトラ
業界
カンボジアの物流業、参入分野を選んでターゲットを明確にすればチャンスはある[運輸・物流]コウ・ペン
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース