カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年5月14日
  • カンボジアニュース

プノンペン経済特区 配当金を分配[経済]

 プノンペン経済特区(PPSEZ)は、11億7000万リエル(28万9000ドル)=1株当たり20.17リエル、を株主に配当することを発表した。

 同社は、プノンペンで347ヘクタールの工業団地を運営し、タイ国境であるポイペト周辺で新たな経済特区の開発を行っている。

 配当総額は2016年の純利益の20%に相当し、6月8日に配当予定。2016年の純利益は140万ドル、2015年に比べて65%減少した。

関連記事
社会
スイス政府、カンタボパ小児病院に1200万ドルを支援 カンボジア[社会]
(14日)
労働
日本の厚生労働省、WAPESと共同でカンボジアのNEA(国家雇用機構)を支援[労働]
(07日)
コラム
新型コロナウィルスに関する注意喚起とカンボジアの現状
(01月31日)
経済
カンボジア証券取引所、上場企業数が約2倍に増加する見込み[経済]
(01月16日)
経済
低所得者向け住宅プロジェクトは順調に進捗中 カンボジア[経済]
(01月14日)
経済
PPCBankは、カンボジア証券取引所で社債の上場を検討[経済]
(01月03日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
カンボジアの経済特区 Vol.2
業界
カンボジアの人々に対する説明を続けていく[金融・保険]ホン・ソク・ホー(2/2)
業界
上場には多大な努力が必要とされている[金融・保険]ホン・ソク・ホー(1/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース