カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年5月13日
  • カンボジアニュース

世界経済フォーラムASEAN会議 前会合で日本企業の関係者が揃う カンボジア[経済]

 5月10日、世界経済フォーラム(WEF)の前会合に日本の銀行や大手企業、JICAの関係者が参加した。クメールタイムズ紙が報じた。

 前会合での講演において、みずほ銀行の責任者は、「高品質なインフラが外国直接投資を誘致し、ASEANの持続的な経済成長の鍵となる」と述べ、「ASENA地域は、インフラ整備を優先する必要がある。これは、地域の連結性と長期的な質の向上を促進し、外国直接投資を引きつけ、世界貿易相手国としてのASEANの役割を支える」と付け加えた。

 堀之内秀久駐カンボジア日本国大使は、「質の高いインフラを通じ、国際ネットワークをさらに向上させるため、日本は技術や経験を喜んでASEANへ提供する。パートナーシップの拡大を通じて持続的な経済成長を引き続き支援し、人材育成を通じて制度構築にも貢献する」と述べた。

 国際協力機構(JICA)と国際通貨基金(IMF)の2011年の共同調査によると、カンボジアは外国投資誘致を継続するため、2020年までにインフラ整備に130億ドル以上を要するという。

関連記事
経済
カンポットペッパー 新たなマーケットへ カンボジア[経済]
(18日)
経済
カンボジア参入を模索する英国の建設会社が急騰 [経済]
(18日)
観光
中国人観光客 全体の32パーセント占める カンボジア[観光]
(17日)
経済
地方証券取引所に上場させるよう求める カンボジア[経済]
(16日)
政治
追放の政治評論家 帰国を模索 カンボジア[政治]
(15日)
社会
カンタボパ小児病院に資金を提供 カンボジア[社会]
(14日)
あわせて読みたい
特集
WILLONE BUILDING 遂にオープン!
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース