カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年3月24日
  • カンボジアニュース

パームシュガーとカンポットペッパーの加工工場 プノンペンに建設予定[経済]

 コンフェレル社(Confirel Co. Ltd.)とPPM社(Pharma Product Manufacturing)は、コンポンスプー州のパームシュガーとカンポット州の胡椒の加工工場をプノンンペンに700万ドルで建設している発表した。クメールタイムズ紙が報じた。

 完成は7月予定で、工場は約40%が完成しており、来年初めには稼動する予定。

 コンフィレル社の代表は、「コンポンスプー州のパームシュガーとカンポット州の胡椒は需要が増えており、製品を処理するために大きな工場が必要だ。工場が完成した後、コンポンスプー州から100トン以上のパームシュガーと、カンポットペッパーを23トンを輸入する予定」と語った。

 コンポンスプー州のパームシュガーとカンポットペッパーはヨーロッパ、韓国、台湾、日本、シンガポールに輸出されており、市場拡大している。昨年、同社はパームシュガーを約80トンを輸出した今年は約300トンを注文したという。

関連記事
経済
農業セクター 機械の導入で近代化を図る[経済]
(21日)
経済
ケップ州産の塩 地理的表示(GI)取得の可能性[経済]
(15日)
経済
米国への輸出 情勢悪化にも関わらず引き続き好調 カンボジア[経済]
(08日)
経済
アジア開発銀行 メコン地域にとってCBTAの実施が急務[経済]
(10月28日)
経済
カンボジア産のジャガイモに期待高まる[経済]
(10月26日)
経済
地元の農産物の展示会 12月にシェムリアップで開催[経済]
(10月24日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 協和製函 ホート・アムセイン
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース