カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年3月15日
  • カンボジアニュース

カンボジア 非衣類製造業の成長が堅調に推移[経済]

news_201703152
(c)Phnom Penh Post

 カンボジアは過去5年間で工業化が著しく進み、工場数はほぼ倍増し、輸出と国内消費の双方で広範囲に渡り利益を享受している。工業手工芸省の2016年年次報告書によると、過去5年間に全国の工場が74%増加し、2012年には907軒だった工場は2016年には1578軒となった。

 カンボジアの衣料品産業は60億ドルでありGDPの10%以上を占め、60万人の雇用を生み出している。一方で、食品、飲料、たばこ生産工場の数も82%増加し、金属加工工場の生産高は前年度比で60%増加した。

 国家最高経済評議会の上級顧問であるメイ・カリヤン氏は、「政府は産業開発戦略を採用し、高付加価値製品への多様化を積極的に進めている。エレクトロニクスや自動車部品を生産する新しい工場では、より高い収益を生み出す傾向があるため、非衣類製造業の成長は歓迎すべき発展だ」と語った。

 政府の報告によると、工場の成長は工業製品からの収入の急増を伴っている。衣料品を含む工業製品の輸出は、過去5年間で77%増加して95億ドルに達し、国内生産からの収入は約3倍近くで21億ドルに達した。

経済の最新ニュースランキング
最新ニュース