カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年2月7日
  • カンボジアニュース

プノンペン市内から空港、PPSEZに続く鉄道建設 来年3月に着工へ[経済]

 プノンペン国際空港とプノンペン経済特区(PPSEZ)への鉄道建設の着工式を、来年3月に行う。クメールタイムズ紙が報じた。

 フランス開発庁(AFD)、ロイヤル鉄道、民間航空局、カンボジアエアポート、PPSEZと公共事業運輸省との会合で明らかになり、このプロジェクトは空港利用者、PPSEZで働く労働者、物資の輸送促進を目的としている。

 昨年12月、公共事業運輸省は、プノンペン=シアヌークビル鉄道をベースとし、プノンペン空港およびPPSEZへの鉄道を結ぶことを発表している。この会議でスン・チャントール大臣は、カンボジアエアポートとロイヤル鉄道に、鉄道建設のため密な協力を呼びかけた。

 同省の広報官は、「空港とPPSEZに繋がる新しい鉄道を、既存の鉄道にどう繋げるかを話し合った。新しい鉄道は、政府が持つ既存の鉄道に接続するため、この予算は国家予算から捻出する」と話した。

関連記事
社会
シアヌークビルなど地方都市の排水システムの研究を中国企業と合意 カンボジア[社会]
(15日)
社会
中国支援で改修されたカンボジア国道6号線 正式に開通へ[社会]
(13日)
社会
パイペイ 交通サービスの支払いのキャッシュレス化で政府と提携 カンボジア[社会]
(11日)
社会
空港とプノンペン都内を結ぶ旅客輸送システム 実現可能性調査へ[社会]
(07日)
経済
カンボジア初の高速道路 年内に建設開始へ[経済]
(06日)
労働
カンボジア労働法 従業員の権利保証へ向け改正へ[労働]
(03日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 協和製函 ホート・アムセイン
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
特集
トップインタビュー トーマス・インターナショナル・サービス クリストファー・トーマス (1/2)
特集
カンボジアの経済特区 Vol.2
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース