カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年2月7日
  • カンボジアニュース

プノンペン市内から空港、PPSEZに続く鉄道建設 来年3月に着工へ[経済]

 プノンペン国際空港とプノンペン経済特区(PPSEZ)への鉄道建設の着工式を、来年3月に行う。クメールタイムズ紙が報じた。

 フランス開発庁(AFD)、ロイヤル鉄道、民間航空局、カンボジアエアポート、PPSEZと公共事業運輸省との会合で明らかになり、このプロジェクトは空港利用者、PPSEZで働く労働者、物資の輸送促進を目的としている。

 昨年12月、公共事業運輸省は、プノンペン=シアヌークビル鉄道をベースとし、プノンペン空港およびPPSEZへの鉄道を結ぶことを発表している。この会議でスン・チャントール大臣は、カンボジアエアポートとロイヤル鉄道に、鉄道建設のため密な協力を呼びかけた。

 同省の広報官は、「空港とPPSEZに繋がる新しい鉄道を、既存の鉄道にどう繋げるかを話し合った。新しい鉄道は、政府が持つ既存の鉄道に接続するため、この予算は国家予算から捻出する」と話した。

経済の最新ニュースランキング
最新ニュース