カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年1月31日
  • カンボジアニュース

プノンペン-バベット間の高速道路開発プロジェクト 予備調査へ[経済]

 公共事業運輸省スン・チャントール大臣は、国際協力機構(JICA)が実施したプノンペン-バベット高規格幹線道路整備事業の調査結果の検討のため、1月24日に会議を行った。クメールタイズ紙が報じた。

 この調査は、プノンペンとベトナム国境に近いバベット間の高速道路建設の実現可能性を探ることを目的としており、高速道路建設は輸送能力と物流効率を向上させ、旅行時間の短縮、交通費の削減、交通混雑の緩和、近隣諸国との貿易拡大などのメリットがある。

 国家最高経済評議会の上級顧問メイ・カリヤン氏は、「交通渋滞緩和のためインフラを改善する時期だ」と述べ、「この高速道路は、ベトナムと他の地域と繋がる国際的な玄関口となるだろう。経済促進のため、タイ、ベトナムへのより大きなインフラと未開拓州との連携が必要だ」と話した。

 しかし同氏は、「公的投資のため問題は開発予算だ」と述べ、スン大臣は「資金調達の仕組みについては、経済財政省とさらに議論しプロジェクトを進める」と付け加えている。

経済の最新ニュースランキング
最新ニュース