カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年1月1日
  • カンボジアニュース

カンボジア中央銀行 金融機関のすべてのATMを繋ぐ動き [経済]

news_201701011
(c)Phnom Penh Post

 カンボジア中央銀行であるカンボジア国立銀行(NBC)は、2017年から、すべての地元金融機関のATMとPOSマシンのアカウントを繋ぐことで、顧客が資金にアクセスしやすくする新しいシステムを開始すると発表した。これにより、デビットカード1枚でどの金融機関のATMやPOSからでも利用できるようになる。プノンペンポスト紙が報じた。

 NBCのチア・セレイ総局長は、「このシステムは、銀行や預金受入マイクロファイナンス機関(Microfinance Deposit-taking Institution=MDI)の全ATMとPOSマシンをNBCが管理するシステムに接続することで、ある銀行が発行したデビットカードを持つ顧客は、国内のどのATMやPOSでも同じカードが利用可能になる」と説明した。

 現在、各銀行およびMDIは、ATMとPOSマシンのネットワークを独立して運営しており、デビットカードを発行した銀行とは別の銀行のPOSで支払いをすることはできない。

 チア総局長は、「このシステムは、2017年中に数行と共同して立ち上げる予定で、すべての銀行とMDIは、2018年1月1日までにサインする必要がある。現在は、NBCと金融機関の代表者が、技術的側面、利用条件、また銀行間取引における手数料について協議しており、金融機関と少額で契約を結ぶなど、NBCの利益のためではなく、利用者への利益を期待している」と述べた。



 カンボジアでは電子決済システムが急速に進化し、消費者への資金アクセスの改善や、リアルタイムの貿易取引が求められている。NBCのデータによると、2015年末には全国で1138万枚のデビットカードが発行され、1118台のATMと9639台のPOSマシンが設置されている。

 発行されているすべてのデビットカードの約6割を占めるアクレダ銀行イン・チャンニー社長は、「新しいシステムにより、複数の銀行口座を持つ人々が、すべての取引をデビットカード1枚で済ませられる。また、新しいATMやPOSマシンに投資したくない銀行やMDIは、アクレダ銀行など大手金融機関のネットワークに頼ることができ、インフラスコストを削減できる」と述べた。

 カンボジア最大のMDIの1つであるハッタカクセカー(HKL)のホウ・レン・トンCEOは、「ATMやPOSネットワークを広く持つ金融機関にとっては、これにより取引手数料を得ることが良い機会だ。一方ATMに投資する資本が限られる金融機関は、デビットカードを発行するだけで他の銀行の端末を使うことができる」と述べ、「HKLは現在、全国に120台以上のATMを運営しているが、さらにネットワークを拡大し続けるつもりだ」と付け加えた。

関連記事
社会
カンボジア国立銀行 プノンペンに金融の博物館をオープン[社会]
(09日)
経済
越境取引において リエルの使用を促進[経済]
(10月27日)
経済
カンボジア国立銀行 国内の主要銀行を結ぶシステムを開発[経済]
(10月25日)
経済
リエルでの貸出金利 ドル建てと同等レベルに[経済]
(10月19日)
経済
カンボジア 暗号通貨のユーザーらによる初会合が開催[経済]
(10月17日)
経済
ローンポートフォリオの最低10%をリエル建てに 金融機関にとって挑戦[経済]
(10月07日)
あわせて読みたい
業界
カンボジアの金融革新のリーダーであり続けます [金融・保険] ジョジョ・マロロス
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (2/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(1/3)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース