カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年9月19日
  • カンボジアニュース

危機の精米業界にフン・セン首相が資金提供の意向[経済]

news_201609201
(c)Phnom Penh Post

 フン・セン首相は先週金曜日に自身のフェイスブックページで、最低でも2000万ドルの予算でコメ価格を支えるために介入すると明らかにした。プノンペンポスト紙が報じた。

 精米業者らは以前より資金不足とそれに伴う市場価格の急な下落に悩まされており、政府などに対して緊急融資を行うよう要請していた。

 フン・セン首相の投稿から数時間後に経済財政省も、農家からのコメ購入資金として精米業者らに対し2700万ドルを提供すると発表した。

 一方でアムルライス・カンボジアのCEOは、発表された融資額は十分ではなく、追加で5000万ドルが必要になると指摘している。

 カンボジア中央銀行も、カンボジア銀行協会とカンボジアマイクロファイナンス協会との会談で、農業セクターに対してより低金利かつ返済プランの選択肢を拡充して融資するようにと要請した。

 アクレダ銀行頭取のイン・チャンニー氏は、個人精米業者への融資はこの1年で3分の1以上増加しており、同行でも5億ドルが農業セクターに流れていると話した。

 経済財政省によれば、過去1ヶ月でコメの出荷価格は1トンあたり240ドルから192ドルに下がっている。

関連記事
経済
カンボジアコメ協会会長 EU関税導入検討に懸念表明[経済]
(03日)
経済
アクレダ銀行の給料支払いサービスを導入 カンボジア[経済]
(11月23日)
経済
コメ輸出大手アムルライス EUの関税導入検討に反発 カンボジア[経済]
(11月19日)
経済
アムルライスが5万トンの水稲を購入 カンボジア[経済]
(11月17日)
経済
コメの輸出が引き続き減少 カンボジア[経済]
(11月16日)
経済
EU カンボジアコメ輸出に対し関税導入検討[経済]
(11月09日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(1/3)
業界
カンボジアの金融革新のリーダーであり続けます [金融・保険] ジョジョ・マロロス
業界
カンボジアの銀行はより強く、より信頼度が高くなる[金融]ソー・フォナリー
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース