カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年8月6日
  • カンボジアニュース

カンボジア・プノンペンのサービスアパートメント、外国人に根強い人気[経済]

既存のアパートメントへの入居率が急速に低下する一方で、サービスアパートメント市場がいまだ外国人に人気だ。

現地不動産会社ラッキー・リアルティのマネージングダイレクターであるディット・チャンナ氏によれば、NGO職員や外国人の数が増えているため、プノンペンにおける今年上半期のサービスアパートメントの需要は根強い。

ディット氏は「ほとんどの外国人がサービス付きの物件を好み、また長期間滞在する」と話す。

また、「アパートメントの数が増えている一方で、モダンな施設をまだ増設していないものも多く、そういった物件はテナントの獲得が困難になっている。また、そうした物件が余剰になることは業界にとって好ましくない」と指摘する。

同氏によれば、グレードAのサービスアパートメントの価格帯はツーベッドルームで2500~3500ドル、ワンベッドルームで1000~2000ドルで、グレードBの場合はツーベッドルーム1000~2000ドル、グレードCはワンベッドルーム400~700ドルだ。

CBREの市場調査によれば、プノンペン全体のサービスアパートメント数は6494棟で入居率は85.8%にのぼっているという。

関連記事
経済
コンドミニアムはハイエンドから手頃な価格の物件にトレンドは移行する[経済]
(19日)
経済
2018年第4四半期にコンドミニアムが19%増 カンボジア[経済]
(16日)
経済
プノンペンの賃貸可能戸数が3倍になると予想[経済]
(08日)
経済
プノンペン中心部にあるダムコー市場 北部郊外に移転予定[経済]
(04日)
経済
ゴミ収集収業者シントリー社 賃上げに合意 カンボジア[労働]
(12月28日)
経済
2018年の建設プロジェクト数は19%減少 カンボジア建設省[経済]
(12月26日)
あわせて読みたい
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
業界
プロフェッショナリズムが優位性や専門性を示す[不動産]ロス・ウィーブル(2/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース