カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年8月6日
  • カンボジアニュース

カンボジア・プノンペンのサービスアパートメント、外国人に根強い人気[経済]

既存のアパートメントへの入居率が急速に低下する一方で、サービスアパートメント市場がいまだ外国人に人気だ。

現地不動産会社ラッキー・リアルティのマネージングダイレクターであるディット・チャンナ氏によれば、NGO職員や外国人の数が増えているため、プノンペンにおける今年上半期のサービスアパートメントの需要は根強い。

ディット氏は「ほとんどの外国人がサービス付きの物件を好み、また長期間滞在する」と話す。

また、「アパートメントの数が増えている一方で、モダンな施設をまだ増設していないものも多く、そういった物件はテナントの獲得が困難になっている。また、そうした物件が余剰になることは業界にとって好ましくない」と指摘する。

同氏によれば、グレードAのサービスアパートメントの価格帯はツーベッドルームで2500~3500ドル、ワンベッドルームで1000~2000ドルで、グレードBの場合はツーベッドルーム1000~2000ドル、グレードCはワンベッドルーム400~700ドルだ。

CBREの市場調査によれば、プノンペン全体のサービスアパートメント数は6494棟で入居率は85.8%にのぼっているという。

関連記事
経済
インドは情報通信技術(ICT)分野でカンボジアを支援[経済]
(20日)
経済
カンボジア発ECサイト リトルファッション運営会社へ500万ドルを出資[経済]
(19日)
経済
新空港開発に向けカンダール州・タケオ州の土地売買を一時的に停止[経済]
(04日)
社会
内務省の公務員6000人を地方自治体へ配置転換 カンボジア[社会]
(02月15日)
経済
メコン川下流に第2のコーピッチを開発か カンボジア[経済]
(02月11日)
統計
退職後に最適な国のランキングの生活費部門 カンボジアが1位[統計]
(02月06日)
あわせて読みたい
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
業界
プロフェッショナリズムが優位性や専門性を示す[不動産]ロス・ウィーブル(2/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース