カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年7月1日
  • カンボジアニュース

カンボジア政府、コメ協会から3000万ドルの資金援助[経済]

 カンボジア政府は現在危機的な経済状況にある精米所と輸出業者の救済のため、カンボジアコメ協会(Cambodia Rice Federation=CRF)から2000万~3000万ドルの援助を受けることを決定した。これは11月の刈り入れ後、精米業者や輸入業者による農家からの米購入を援助することを目的としている。

 CRF副会長がクメールタイムズ紙に語ったところによると、「CRFからの援助の代わりとして、CRFが全候補者を審査し、然るべき精米業者あるいは輸入業者への援助を決定する」という。
また、「政府が7~8%の利率を決定するだろう。7月2日に行われるCRF総会後すぐに、作業グループ設立に関わる全ての手続きを完了したい」と述べた。

 今年3月には、精米業者と輸入業者らが政府に対し、ベトナムからの安価な米の流入による国内での資金縮小と、それに伴って農家の破産が多発していることを理由に介入を求めている。また、今年始めには深刻な干ばつに見舞われた。

 経済財政省オーン・ポーンモニロット大臣は、近隣諸国からの米輸入を停止する予定はないと強調したが、一方で政府は精米の輸出関税を下げることを検討していると明かした。

関連記事
経済
アムルライスが5万トンの水稲を購入 カンボジア[経済]
(17日)
経済
コメの輸出が引き続き減少 カンボジア[経済]
(16日)
経済
EU カンボジアコメ輸出に対し関税導入検討[経済]
(09日)
政治
農家を訓練する新たな覚書に署名 カンボジア[政治]
(10月31日)
経済
第4次産業革命 農業分野に大きな影響か カンボジア[経済]
(10月29日)
経済
農家をサポートするプラットフォームを開始 カンボジア[経済]
(10月20日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(4/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(1/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(3/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(2/4)
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース