カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年3月21日
  • カンボジアニュース

カンボジア唯一の民間上場企業のGTI社、利益激減[経済]

news_20160321
(c)Phnom Penh Post

プノンペンポスト紙によると、カンボジアで唯一の台湾系で上場しているアパレル縫製会社、グランドツインズインターナショナル(GTI)は、2015年第4四半期利益が前年同期に比べ450%も激減したと発表した。

3月17日付報告書によるとGTIは、2014年10~12月において103万USDの純利益を計上したのに比べ、2015年の同期は363万USDの損失だった。

当期売上高は前年同期比39%(1840万USD)増にもかかわらず、純利益は減少した。財務報告によると、人件費及び一般管理費の上昇と共に原材料費が151%上昇したことから、売上原価は2倍となっていた。

第3四半期末の時点では、年間税引後利益が2014年の340万USDに比べ106万USDと減少はしたものの、売上は0.3%上昇とほぼ横ばいであり、堅調な実績だった。

関連記事
法律
カンボジアの公的機関 暗号通貨に対して違法と警告[法律]
(21日)
経済
フン・セン首相 国際貿易摩擦によるカンボジア経済への影響を懸念[経済]
(21日)
経済
中国昆明市の博覧会でカンボジア企業が多くの商品を展示[経済]
(19日)
経済
富裕層中心にカンボジアのヘリコプター需要が高まる[経済]
(18日)
経済
シアヌークビル自治港 新ターミナル建設を発表[経済]
(16日)
経済
カンボジア証券取引委員会 集団投資スキームに関するライセンスを発表[経済]
(16日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(3/4)
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(4/4)
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
業界
カンボジアの人々に対する説明を続けていく[金融・保険]ホン・ソク・ホー(2/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース