カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2020年2月1日
  • カンボジアニュース

カンボジアのマイクロファイナンス部門、2019年も好調と報告[経済]

news_202002011
(c)Khmer Times

 2019年にマイクロレンダーのサービスを利用したカンボジア人は210万人に達し、総融資額は75億ドルと前年比で30%増加した。クメールタイムズ紙が報じた。

 マイクロファイナンス機関(MFI)CMAのCEOであり、カンボジアマイクロファイナンス協会のケア・ボラン会長は年次総会後の記者会見で、「昨年のMFIは好調だった。総融資額は30%増え、預金額も着実に増加している」と述べた。

 また同氏は、不良債権(NPL)比率(支払いが30日以上延滞しているローン)が2019年末に1%を下回り、前年よりも低い率だったことについても言及した。

関連記事
経済
2020年のマイクロファイナンス部門は減速すると予測 カンボジア[経済]
(02月03日)
経済
中小企業銀行が3月に運営予定 カンボジア[経済]
(01月02日)
経済
韓国系銀行、カンボジア最大手マイクロファイナンス機関を買収[経済]
(12月30日)
経済
PPCBank、カンボジア国内21店舗に拡大しSMEセンターを新設[経済]
(12月27日)
経済
マイクロファイナンス業界3位、プラサックの株式70%売却 カンボジア[経済]
(12月12日)
経済
PPCBank(プノンペン商業銀行)の純利益が急増[経済]
(08月16日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(2/3)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(1/3)
業界
お客様の大切なお金を守り、増やし、後押しするサポートを[金融]チア・パラリン (2/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース