カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年8月28日
  • カンボジアニュース

リエル札の使用が大幅に上昇、しかし一元化には遠く[経済]

news_20160828 (1)
(c)Cambodia Daily

 カンボジア通貨・リエルの使用が今年上半期に上昇しているとカンボジア中央銀行(NBC)が示したが、会社やアナリストは米ドル離れのための政府の取り組みについては懐疑的だ。

 NBCは今年上半期の間に4.89億ドルに相当する2兆リエルのリエル札を市場に投入し、投入額は前年同期比で18%増加していると発表した。

 NBCのチア・セレイ総局長は、リエル札利用上昇の要因は、税金や賃金、商品やサービスへの支払いだけでなく、特にマイクロファイナンスの利用にリエルの使用を主導した成果だと述べている。

 カンボジアは経済活動の84%は米ドルで行われていが、政府は決済にリエルを用いることを推奨している。

 依然として賃金や国際取引など多くの場面で米ドルの需要は高いが、カンボジアの金融関係者は、「大切なことはリエル札の需要増加は、長期プロジェクトであるということであり、カンボジアがいつまでもドルに支配されるということではない」と述べている。


本記事は翻訳・翻案権の許諾を得て掲載しております。

関連記事
経済
カンボジア・中国外交60周年を記念して 高速道路・新空港の建設に調印[経済]
(15日)
経済
2017年 リエル需要の高まりにより、約9億ドル分を市場に注入[経済]
(09日)
社会
プノンペン自治港 4月にフェリーサービスを開始[社会]
(05日)
経済
1月からプノンペン―シアヌークビル間の高速道路建設[経済]
(12月29日)
政治
来年7月総選挙後まで閣僚再編は無い可能性 カンボジア[政治]
(12月27日)
社会
急速な都市化 包括的に監督する組織は「都庁ではない」 プノンペン都庁[社会]
(12月23日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (2/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(1/3)
業界
常に革新的な商品とサービスを提供し続ける [金融・保険] パン・イン・トン
業界
カンボジアの銀行はより強く、より信頼度が高くなる[金融]ソー・フォナリー
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース