カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年3月18日
  • カンボジアニュース

韓国の消費者金融業者、カンボジアの銀行を事業承継[経済]

news_20160318
(c)Phnom Penh Post

韓国内最大の消費者金融会社APROファイナンシャルグループ(A&P)の「ラッシュ&キャッシュ(Rush&Cash)」は、先月に売りに出されていたカムコ・スペシャライズド銀行(Camko Specialised Bank)の優先購入者として選定された。

14日、韓国預金保険公社(KDIC)のウェブサイト上で、 「ラッシュ&キャッシュ」を、カムコ・スペシャライズド銀行の事業承継をすることを発表した。この銀行は、2011年に倒産した韓国のプサン相互貯蓄銀行がかつての大株主だった。 売買同意書を5月31日には締結見込だとウェブサイトに記載している。

1260万ドルの資産を有するカムコ・スペシャライズド銀行は、400万ドル以上の不良債権があり、そのほとんどがプノンペン北西部郊外に建設中の「カムコシティ」の住宅ユニットの購入者の資金である。「カムコシティ」は韓国系ディベロッパーのワールド・シティ社が運営している。

関連記事
経済
PPCBank(プノンペン商業銀行)の純利益が急増[経済]
(08月16日)
経済
フィリップ銀行、業界第6位のマイクロファイナンス機関と合併[経済]
(08月13日)
経済
PPCBank、国際金融公社(IFC)とリスクシェア協定を締結[経済]
(06月10日)
経済
カンボジア業界3位のABA銀行、社債を発行の承認[経済]
(06月03日)
経済
モバイル決済プラットフォーム、パイペイ RHB銀行と業務提携[経済]
(03月10日)
経済
ABA銀行は事業拡大を計画 カンボジア[経済]
(02月21日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(2/3)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(1/3)
業界
アプリケーションの開発に試行錯誤を繰り返した[金融・保険]シン・チャン・モー(1/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース