カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

業界別インタビュー

2016/3/2

カンボジアでの不動産サービスは信頼関係が必要不可欠[不動産]チェイン・ケイン(1/2)

不動産

CPL カンボジアプロパティーズ CPL Cambodia Properties
チェアマン&CEO: チェイン・ケイン閣下 Oknha Cheng Kheng
カンボジアでの不動産サービスで重要なのは信頼関係、と話すローカル系不動産会社CPLカンボジアプロパティーズのチェイン・テイン閣下。1997年に創業し、20年近くの実績を持つ。チェイン閣下に、信頼関係を築くため、さらには顧客の満足のいく不動産を探すために必要なことは何かを伺った。
見下した人たちを追い抜いてやると心に決めた

チェイン・ケインと申します。幼少期は米農家の子として育ち、それらを売って生計を立てていました。カンボジアの一般的な農家では自分の家族が食べる分の生産だけで精一杯なのですが、私の家族は売る分までも計画して生産し、村の中では優秀な農家でした。

その後新聞社へ就職し最初は新聞配達をしていましたが、最終的に社長の地位まで上りつめることができました。実はその新聞社に入るとき、「農家」であったために理由もなく差別を受け、非常に悔しい思いをしました。いつかその見下した人たちを追い抜いてやると心に決め、それをバネにここまでやって来ることが出来たのだと思います。

アメリカ人の客との出会いが起業のきっかけ

勤めていた新聞社(カンボジア・タマイ)の記事には不動産広告覧があり、私もその記事を担当することになりました。ある日、一人のアメリカ人のお客さんがその広告欄を見て、一か月2800ドルの一軒屋を借りることになりました。実はそのお客さんはカンボジアに不動産会社を設立予定で、一緒に会社をやらないか誘われました。私は今の仕事があったので、その時はお断りしたのですがその後3か月以上に渡って熱烈なオファーを受け、彼と共にCPLを設立するに至りました。

手数料のためではなく、お客様あっての企業

私たちはお客様にサービスを提供するときは3つの事項を詳しくヒアリングします。まず①お客様は何を求めているか、②場所はどこがいいのか、③なぜ物件を探しているのか、の三点です。これらは時に個人的な内容を含みますが、嫌がらずに出来るだけしっかりと答えて頂きたいと思います。まずお客様がこの三点を曖昧にされていると、おそらく自身に合った物件を決めることが出来ないですし、また私たちもご提案出来なくなってしまいます。お客様に100%のサービスを提供するために、この三点の確認作業は重要なものなのです。

不動産というサービスは、何よりお客様との信頼関係が不可欠であり、もしお客様がスタッフを信頼できなければこのビジネスは成功できません。私たちCPLでは、スタッフのサービスクオリティーに全責任を持っております。CPLスタッフは洗練されたサービススキルを持ち、自信を持ってお客様に良いサービスをご提供いたします。手数料のためではなく、お客様あっての企業です。お客様を常に大切にする企業でありたいと思っています。(取材日/2015年10月)


CPL カンボジアプロパティーズ CPL Cambodia Properties
事業内容:カンボジア不動産の仲介
URL: http://www.cplagent.com/
関連記事
経済
ボレイやインフラ開発により人気が上昇 チョロイチャンバー区[経済]
(12日)
経済
レンタルオフィス世界最大手リージャス プノンペンに2つ目の拠点を設置[経済]
(11月24日)
経済
人気が高まるトゥールコークエリア 第2のボンケンコンになるか[経済]
(11月13日)
経済
センチュリー21カンボジア 地方にもサービス展開へ[経済]
(11月05日)
経済
シャムリアップ州最大のショッピングモールが建設[経済]
(10月30日)
経済
建設投資額 昨年同時期より22%増加と力強い成長を見せる[経済]
(10月23日)
あわせて読みたい
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
注目
「カンボジア-日本経済交流セミナー&交流会in カンボジアフェスティバル2017」プレゼンテーター募集
注目
WILLONEショールーム 第一次出展企業様入居スタート
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)

その他の「不動産」の業界インタビュー