カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

業界別インタビュー

2016年7月18日

マイクロファイナンス機関が不良債権を回避するために必要なこと[金融]チア・パラリン (1/2)

金融・保険

アムレット Amret
CEO: チア・パラリン Mr.Chea Phalarin
フランスのNGOからスタートし、農業者向け融資を中心に事業拡大し、現在では、モバイルバンキングなどに力を入れて、さらなる成長を続けるアムレット・マイクロファイナンス機構のCEO チア・パラリン氏に、その戦略について話を伺った。(取材日/2016年3月)
NGOからスタート

――会社とご自身の経歴を教えてください。

チア・パラリン(以下、チア) はい、私の名前はチア・パラリンと言います。アムレットのCEOで、弊社では1995年から働き始めました。1997年にジェネラルマネージャーに、2000年から2014年まで14年間ボードメンバーを務め、その後現職に就いています。

 アムレットとしては、フランスのNGOとして始まり、1991年貧しい人々にお金を貸したのが事業を開始したきっかけです。当時のカンボジアはそれが出来ましたからね。その後人口増加と共に小口融資の需要が高まり、1995年に事業として安定してきました。それから農業者向け融資など積極的に拡大を行い、2000年に法人化、それから2001年5月にNBCからライセンスを受けました。

 当初は4~5州でしたが、カンボジアの経済発展に伴い今では25の州に対応しており、マイクロファイナンス事業としては成功していますよ。2009年には預金ライセンスも取得しました。現在カンボジアには56社のマイクロファイナンスがありますが8社しか預金業務を許されていません。弊社は融資額4億5000万ドル、預金額2億4000万ドル、その内15%はローカルのお客様で占めています。

モバイルサービスが好調

――最近のホットなトピックを教えて下さい。

チア 2015年に携帯電話を使ったサービスを始めました。どこにいても現金の出納が可能なモバイルテラーサービス、より幅広く対応出来るモバイルバンキングサービスです。モバイルバンキングサービスでは、口座開設、預金の預入れ・引出しはもちろん、預金がこの金額を超えた、いくら引き出された等、収支のバランスや預金額の推移がお客様宛に連絡が入るんですよ。それら全てがスマートフォンで出来るようになりました。モバイルサービスはカンボジア全土で幅広く利用されており、ほとんどの企業も自社で開発したソフトを使用し行っていますね。

 また、中小企業向け融資も増えていますよ。通常のマイクロファイナンスと比べ融資額が高く、5万ドルだった上限が現在は7万ドルに上昇しました。

不良債権リスク

――マイクロファイナンスについてはかなり伸びていますが、不良債権へのリスクについてはどう思いますか?

チア そうですね。不良債権率については年々上昇し、投資家や資本家からも心配の声が挙がっています。不良債権を少しでも回避するためには、経営トップ陣が細かい部分まで把握する必要がありますね。行内でのオペレーションやどの産業が成長しどの産業が衰退するかまで。そして現場レベルでもスタッフ1人1人の教育やトレーニング、責任感を持たせるなど、お客様とのコミュニケーションを密にし、お客様の資金需要や目的、適正な融資額を見極めることが重要になってくるかと思います。(取材日/2016年3月)

次回へ続く


アムレット Amret
事業内容:マイクロファイナンス機関
URL: http://www.amret.com.kh/amret/index.php/en/
関連記事
経済
タイ輸出入銀行 進出するタイ企業の支援のためカンボジアに事務所開設[経済]
(13日)
経済
カンボジア国立銀行 約4億ドル分の米ドル購入[経済]
(07月30日)
経済
カンボジア中央銀行 電子決済システムを促進[経済]
(07月26日)
経済
カンボジアの金融業界 預金者と預金残高が大幅に増加[経済]
(07月26日)
経済
カンボジア国立銀行 10回目のLPCO 1行に390万ドルを供給[経済]
(07月20日)
労働
今年第2四半期のカンボジアでの求人数 教育、金融セクターで増加[労働]
(07月20日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (2/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
本音調査アンケート 調査リポート02―マイクロファイナンス

その他の「金融・保険」の業界インタビュー