カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

業界別インタビュー

2015年6月10日

カンボジア初の人材育成会社、AAAカンボジア[人材]スザンナ・コーグラン (2/2)

人材・コンサル

AAAカンボジア AAA Cambodia
マネージング・ダイレクター: スザンナ・コーグラン Susanna Coghlan
企業向けの人材育成プログラムを提供する会社としてはカンボジア初であるAAAカンボジアは、2007年に設立された人材育成会社だ。企業の要望に合わせて、精神改造やリーダー育成などの研修を組み立てる。進出する日系企業にとって、彼らへ支払う報酬が高額であると感じるかもしれないが、欧米系企業にとってはそれでも必要とするニーズがあることが何を意味するのか。人材の課題に行き詰り始めた日系企業にとっての道しるべになるかもしれない。
変わりつつある人材の質

(前編からの続き)
――業界を取り巻く環境はどうでしょうか。特に人材の質についてのご見解をお聞かせください。

スザンナ・コーグラン(以下、コーグラン) カンボジア全体で言えることですが、成長が急激なので顧客意識の変化のスピードも速いです。彼らの変化していく要求に応える必要があるので私たちにとってもチャレンジです。最近は情報のインプットも増えていますので、企業も私たち以外の情報源から様々なプログラムを見つけてくることも容易になりました。多くの場合、私どもではマネージャークラスとのやり取りが多いのですが、彼らの要求する質も高まっていますね。とても良いことだと思います。我が社にとっても成長するきっかけですから。

 人材の質は変わりつつあります。もちろん教育の変化が無いと中々変わりにくいものですが、近年は政府の考え方も変わってきましたし、それらが現場まで行き渡るにはもう少し時間がかかると思いますが、若い世代の人々は意識が高まっています。きちんとスキルを身に着けて、将来のキャリアに活かそうという目標を持っています。ただし、個人的に一番ポテンシャルを感じるのは女性ですね。近年の女性の活躍は目まぐるしく、長続きするのも女性が多いですし、新しいチャレンジに前向きなのも女性が多いと思います。

人材業界の今後の戦略や展望

――これまでで最も苦労したこととは、何でしょうか。

コーグラン 大小考えるとたくさんありましたよ。早く成長したいという願いがありながらも様々な障害もありました。ただ、我が社のチームはとても誠実で5年以上勤務している社員がほとんどです。会社としても社員の人材育成に時間と費用を投資してきました。カンボジアで初めての業種という事もあり、それにふさわしい人材が中々見つからないという事もあって、人材育成には時間を掛けましたから。このようなスキルは一朝一夕で身に着くものでもありませんから、とても苦労しました。

――他社との違い、人材業界の今後の戦略や展望をお聞かせください。

コーグラン 私どもは顧客企業の戦略的パートナーとしての役割があると思います。人材スキルのギャップだけではなく、顧客のビジネス全体としてですね。ただの外注先ではなく、顧客からしてみれば全体像の相談ができるパートナーになりつつあるという事が私たちの強みです。今集中しているフューチャーリーダープログラムも従来のスキルギャップの穴埋めではなく、将来のリーダー育成に重きを置いています。それも私どもにとっても顧客企業にとっても新しいチャレンジだと言えます。顧客からも人材育成以外の相談も日常的にあるんですよ。

日系企業へのメッセージ

――進出するうえで、留意すべき点とは、なんだと思いますか?

コーグラン そうですね、数点あると思います。まずは自国の考え方を一切捨て払うことです。それにこだわっていたらイライラもたまりますし、失敗して撤退を余儀なくされるでしょう。次に、フィクサーを信用しないことですね。必ず、何でもできるというコンサルが寄ってきますが、カンボジアは情報も比較的開かれていて難しいことはありませんので、できる限り自分でやったほうが良いです。更には事前調査をしっかりすることです。私個人がその分野出身だからというわけではなく、いかに小さなマーケットでもきちんと調査をして進出することをお勧めします。

――日本人や日系企業へのメッセージをお願いします。

コーグラン 最近日系企業からのアプローチがありましたが、その担当はクメール語と英語も堪能で感心しました。私が特に進出企業に進言したいのは人材に時間とお金をかけることでしょうか。たいていの方が会社を作り上げるのに急いでいることが多いです。目標達成にはそれも必要かもしれませんが、必要な人材を育て上げるには時間もかかります。技術職でない場合は、経験やスキルよりも仕事に対する態度ややる気が重要だと思います。カスタマーサービスや営業職の場合は、その仕事のコンセプトを理解してもらうのに時間をかけるべきです。なぜなら、カンボジアでは今までそのような業種が無かったのですから。(取材日/2015年3月)


AAAカンボジア AAA Cambodia
事業内容:人材育成、人材開発
URL: http://www.aaa.com.kh/
関連記事
統計
カンボジアは人的資本のランキングでASEAN最下位[統計]
(09月14日)
労働
カンボジア縫製訓練校が着実に成果をあげる[労働]
(08月26日)
経済
大手教育機関AISの親会社 カンボジア証券取引所に上場を検討[経済]
(08月15日)
経済
カンボジア縫製業協会が反発 訓練機関の運営方法への批判を受け[経済]
(07月14日)
労働
マイクロファイナンス機関 スタッフの育成基金の設立を発表[労働]
(07月11日)
労働
カンボジア縫製業協会 人材クラブを立ち上げ知識の共有を目指す[労働]
(07月03日)
あわせて読みたい
注目
カンボジアのキリロム工科大学が 2018年4月より日本人学生の入学受入れを開始  ~実践の中で英語と世界に通じる最先端IT技術を学ぶ~
特集
タオン・コン観光大臣が語る、観光大国カンボジアの実現
注目
七夕フェスティバル 出店者募集
注目
七夕フェスティバル スポンサー募集中
注目
就職お祝いクロマーをプレゼント 現地人材紹介会社CDL

その他の「人材・コンサル」の業界インタビュー