カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 法律
  • 2016年8月24日
  • カンボジアニュース

タバコ・アルコール類さらに増税か。環境保護の財源捻出が目的[法律]

news_201608242
(c)Khmer Times
 フン・セン首相は22日、カンボジア国内の環境保護をより促進するため、タバコ・アルコール類に対して更に増税を行う考えがあることを明らかにした。

 フン・セン首相は、天然資源の保護保全に関する公開討論会において、増税は小幅にとどめるものの、その増税分は環境保護の財源にすることを提案した。

 また、缶ビール1本に対し10リエル増税する案など具体的に示すと共に、タバコに対する増税は喫煙者の減少につながると述べた。

 これについてビール業界関係者は、小幅の増税は消費減少にはつながらないと考えており、むしろビール消費が環境保護に役立つことに好意的な反応を見せている。

 今年4月にはタバコ・アルコール類に対する増税が行われており、課税率はビールに30%、ワインに35%、タバコに20%となった。その結果、アルコール・タバコ類からの税収額は、対前年同期比で14億ドルから17億ドルと3億ドルの増収となった。

関連記事
経済
ホテル・ゲストハウスに3カ月間の非課税措置 カンボジア[経済]
(04月21日)
経済
カンボジア租税総局、2020年の税収目標を2886百万ドルに設定[経済]
(02月19日)
法律
カンボジア、EPOとの新たな協定により知的財産の意識強化へ[法律]
(11月07日)
経済
カジノ税収、オンライン賭博の禁止法令により来年は減収か カンボジア[経済]
(10月24日)
経済
トランプ関税回避のため、シアヌークビル経済特区が拠点か[経済]
(01日)
経済
カンボジアの徴税額は順調な伸び 今年5月までの間で28%増[経済]
(06月20日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア新しいスタンダード -カンボジア税制に対応したクラウド会計ソフトがいよいよ登場!-CAMBODIA NEW STANDARD
業界
常に専門性の高い知識が必要[法務・税務・会計] 宮田 智広
業界
出張手当設定を指摘されるケースが散見[法務・税務・会計] マック・ブラタナ、ドゥク・ダリン
業界
税法や労働法など法律は毎年頻繁に変わる[法務・税務・会計] 安藤 朋美
業界
未来にフォーカスしたサービスを提供[法務・税務・会計] 西山将太郎、安藤朋美
法律の最新ニュースランキング
最新ニュース