カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 法律
  • 2016年8月24日
  • カンボジアニュース

タバコ・アルコール類さらに増税か。環境保護の財源捻出が目的[法律]

news_201608242
(c)Khmer Times
 フン・セン首相は22日、カンボジア国内の環境保護をより促進するため、タバコ・アルコール類に対して更に増税を行う考えがあることを明らかにした。

 フン・セン首相は、天然資源の保護保全に関する公開討論会において、増税は小幅にとどめるものの、その増税分は環境保護の財源にすることを提案した。

 また、缶ビール1本に対し10リエル増税する案など具体的に示すと共に、タバコに対する増税は喫煙者の減少につながると述べた。

 これについてビール業界関係者は、小幅の増税は消費減少にはつながらないと考えており、むしろビール消費が環境保護に役立つことに好意的な反応を見せている。

 今年4月にはタバコ・アルコール類に対する増税が行われており、課税率はビールに30%、ワインに35%、タバコに20%となった。その結果、アルコール・タバコ類からの税収額は、対前年同期比で14億ドルから17億ドルと3億ドルの増収となった。

関連記事
経済
カンボジア租税総局 印紙税の納税期限延長を発表[経済]
(11日)
経済
関税当局は密輸を撲滅するためのヘリコプターを保有 カンボジア[経済]
(06月27日)
社会
石油価格の高騰を受け7月から減税を実施 カンボジア[経済]
(06月25日)
経済
カンボジア政府 低コスト住宅プロジェクトに税制優遇[経済]
(06月22日)
日系
日本製タバコ カンボジアタバコ産業協会に再加入[日系]
(06月13日)
経済
カンボジア縫製業協会 税務コンプライアンスに関するパートナーシップ締結[経済]
(05月30日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア新しいスタンダード -カンボジア税制に対応したクラウド会計ソフトがいよいよ登場!-CAMBODIA NEW STANDARD
業界
カンボジアの税法に合わせた会計ソフトを開発 [法務・税務・会計] 安藤理智
業界
カンボジアの税務制度は変革期にある[法務・税務・会計]マック・ブラタナ、 ドゥク・ダリン
業界
有用性のある事前調査、プランニングが大切 [法務・税務・会計] 宮田智広
業界
税務当局による企業実態把握への取り組みが進んでいる[法務・税務・会計] 本庄谷由紀
法律の最新ニュースランキング
最新ニュース