カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • ケム・ソカー

    Kem Sokha

  • 生年月 1953年06月 (65歳)
    出身地 タケオ州
    学歴 カンボジア王立法律経済大学
概要

現在の野党・救国党の副党首。

1993年、仏教自由民主党から政治キャリアをスタート。

2005年12月、フン・センへの名誉毀損で逮捕、抑留されるが翌2006年1月に釈放される。

2007年には人権党を立ち上げ、その後2012年にサム・ランシー党と合流し、救国党副党首に。

逮捕状が出たことにより党首サム・ランシー氏がフランスへ退去したため、実質的な党首となっている。

売春斡旋容疑で裁判所に召喚されたものの拒否したために、救国党本部に軟禁状態となった。

2016年12月にシハモニ国王から恩赦される。

プラハ化学技術大学で生物化学で修士号を取得しているほか、カンボジア王立法律経済大学で法律を専攻した。

最終更新日:2016年12月2日