カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

カンボジア開発評議会

Council for the Development of Cambodia (CDC)

cdc_logo

カンボジアにおける復興・開発と投資活動の監督に関して責任を負う唯一の機関として、カンボジア投資法により1994年に設立。政府開発援助を担当するカンボジア復興開発委員会(CRDD)、民間投資を担当するカンボジア投資委員会(CIB)およびカンボジア経済特区委員会(CSEZB)の三つの委員会で構成され、外国投資及びカンボジア資本による投資促進の役割を果たしている。
ジャパンデスクがある。
事務局長:ソク・チェンダソピア
WEBサイト:www.cambodiainvestment.gov.kh/ja

最終更新日:2016年10月3日
関連記事
経済
カンボジア開発評議会、新しい投資法の起草を始める[経済]
(12月17日)
経済
タイの大型スーパーBig C、カンボジア・ポイペトに進出[経済]
(10月08日)
経済
プノンペン経済特区、今年第2四半期の収益は堅調に増加[経済]
(08月23日)
経済
今年上半期で153のプロジェクト、投資総額52億ドルを承認 カンボジア[経済]
(08月02日)
経済
カンボジア開発評議会、投資総額6億ドルのプロジェクトを承認[経済]
(06月11日)
経済
カンボジア開発評議会(CDC)、トボンクムン州にゴム加工工場承認 [経済]
(04月12日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア開発評議会事務局長、ソク・チェンダ大臣が語る「日本人投資家に寄せる期待」
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
特集
カンボジアの経済特区 Vol.2
業界
自分の頭で考えてイノベーションを形にしていくのがカンボジアの生きる道[人材]伴俊夫 (4/4)