カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年12月15日
  • カンボジアニュース

MF大手ハッタカクセカー 社債を証券取引所に上場 カンボジア[経済]

20181215
(c)Phnom Penh Post

 マイクロファイナンス業界3位のハッタカクセカーは5日、カンボジア証券取引所(CSX)に社債を上場した。プノンペンポスト紙が報じた。同社は、カンボジアで初の社債を発行していた。

 カンボジア国立銀行総局長のチア・セレイ氏は、「この上場は、金融市場の重要な部分である債券資本市場の始まりを強調している」と述べた。

 また、ハッタカクセカーCEOのホウ・イエン・トン氏は、CSX上場記念式典において、「上場が成功し、カンボジアの証券市場の発展に会社が貢献したことを誇りに思っている」と述べた。

関連記事
経済
プノンペン経済特区、今年第2四半期の収益は堅調に増加[経済]
(23日)
経済
プノンペン自治港、今年1月から7月の間の物流量が大幅に増加[経済]
(23日)
経済
グランドツインズインターナショナル、第2四半期の成績も好調[経済]
(20日)
経済
工業手工芸省の高官、中小企業に株式上場を促す[経済]
(20日)
経済
PPCBank(プノンペン商業銀行)の純利益が急増[経済]
(16日)
経済
カンボジア証券取引所、取引時間を大幅延長[経済]
(15日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
日本企業ならではのサービスや従業員教育を市場流入させたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
本音調査アンケート 調査リポート02―マイクロファイナンス
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース