カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年11月27日
  • カンボジアニュース

マレーシア資本の保険会社 カンボジアへ進出検討[経済]

20181127
(c)Phnom Penh Post

 マレーシア銀行大手のMaybankを母体に持つEtiqaグループの保険会社は、来年のカンボジアへの事業拡大を検討している。カンボジアの保険業界は、経済財政省の管轄下である。プノンペンポスト紙が報じた。

 EtiqaグループCEO「我々は、カンボジアで損害保険、生命保険の両方を提供する予定であり、長期的なタームでビジネスをすることを望んでいる」と述べた。

 カンボジア保険協会(IAC)のホイ・バサロ会長は、「より多くのプレーヤーの参入は、消費者にとって良い影響を与えるでしょう。優れた商品、サービスを作り出すことになるだろう」と述べた。同協会は、損害保険会社11社、生命保険会社7社などから構成されている。

関連記事
政治
マレーシアのマハティール首相、カンボジアを公式訪問[政治]
(02日)
労働
マレーシア より多くのカンボジア人労働者を要請[労働]
(12月02日)
経済
著しい成長を続ける保険業界 カンボジア[経済]
(11月14日)
経済
カンボジアの保険業界 2018年も好調なスタート[経済]
(07月11日)
経済
カンボジア政府 マレーシアにハラール食品業界への援助を求める[経済]
(10日)
経済
マレーシア系電力供給会社ぺステックカンボジア 来年にも上場予定[経済]
(09日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 AIA生命保険 ファイナンシャルプランナー チェア・チャンメトレイ
業界
医療業界の発展には、公的保険がキーポイントとなる[医療・医薬]荒木 良守(1/2)
業界
カンボジアにおける保険に対する認識が変化 [医療・医薬] ジェフリー・ウィッタカー
業界
更なるサービス向上を目指し日々取り組んでおります[金融]パン・イン・トン (1/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース