カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年9月22日
  • カンボジアニュース

新賭博草案 通過か カンボジア[経済]

20180921
(c)Khmer Times

 アジアのカジノ情報誌であるインサイドアジアンゲーミングのインタビューで、ドナコ・インターナショナルは、「新しい賭博の法案がカンボジアの産業発展に好ましい効果をもたらすであろう」と述べた。オーストラリア企業であるドナコ・インターナショナルは、バンテイメンチェイ州のポイペトにカジノを所有している。クメールタイムズが報じた。

 最新の賭博の草案はすでに経済・金融省と内務省を通っており、現在は専門家による審議会にて審査が行われている。

 新法案に関する未回答の答えの中で最も大きな疑問は、プレイヤーに税率がどれほど課されるかだ。

関連記事
経済
カジノ再開により、中国人の回帰に向けた準備が進む カンボジア[経済]
(07月07日)
経済
中国人が去った余波 カンボジア・シアヌークビル[経済]
(03月05日)
社会
国境の街のカジノ 長期に渡る法的紛争に終止符 カンボジア[社会]
(03月04日)
経済
カンボジア・シアヌークビル市の家賃が急落し、地価が低迷[経済] 
(02月06日)
観光
マカオのカジノ運営会社、アンコールワット近郊で土地購入を延期[観光]
(12月31日)
政治
カンボジアは依然としてマネーロンダリングに対して脆弱と判断[政治]
(11月01日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
特集
カンボジア開発評議会事務局長、ソク・チェンダ大臣が語る「日本人投資家に寄せる期待」
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース