カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 政治
  • 2016年9月29日
  • カンボジアニュース

2017年のカンボジア月額最低賃金は153ドル[政治]

 9月29日、労働職業訓練省より最低賃金に関する省令が公布され、2017年の縫製業、被服業及び製靴業に従事する労働者の月額最低賃金は153ドルに決定された。

 労働職業訓練省のイット・ソムヘーン大臣は、「今日の投票では148ドルを支持する票が多かったが、フン・セン首相が5ドル増加の153ドルに決定した」と述べた。政府は交渉課程において、当初148ドルを提示していた。

 2017年の140ドルから9.2%増。一昨年から昨年にかけての伸び率9.4%増とほぼ同規模の伸びとなった。

 最低賃金がASEAN諸国の中でカンボジアの次に高いベトナムは、2017年のベトナムのハノイ・ホーチミン等都市部における月額最低賃金168ドル(月額375万ドン、9月28日為替レート換算)と昨年から7.3%増しており、僅かではあるものの両国の賃金格差が縮まった形となる。

関連記事
労働
出入国在留管理庁が送り出し機関の高額な仲介料が失踪の主因と指摘。カンボジアの3機関が受け入れ停止処分[労働]
(10月10日)
経済
カンボジアの輸出、GFTセクターは低下 最賃交渉はまとまらず[経済]
(09月12日)
労働
カンボジア労働相、労働者とともに昼食を共にし、生産活動を視察[労働]
(08月25日)
労働
カンボジア政府が音楽トレーニングプログラムと音楽家の協会を設立[労働]
(07月20日)
労働
カンボジアは労働条件改善において大きな進展を遂げる イット労働大臣[労働]
(07月18日)
経済
中国の大手靴メーカー、ミャンマーからカンボジア・コンポンスプー州へ移転[経済]
(06月20日)
あわせて読みたい
注目
CDLが労働許可証の取得代行サービスを開始
注目
カンボジア全国技能大会にて、技能五輪金メダリストによる電工デモを初めて実施!
業界
正しい知識を持った専門家に意見を聞くことが大事[法務・税務・会計] 坂本征大
業界
生産性を高める時期、日系企業は今こそ投資を[人材]ホン・チユン (2/2)
業界
日本の投資家はカンボジアの未来や労働状況を見極めるべき[人材]コイッ・ソミエン
政治の最新ニュースランキング
最新ニュース