カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2020年3月5日
  • カンボジアニュース

中国系通信会社が5Gサービスの試験事業に成功 カンボジア[経済]

20200305
(c)Khmer Times

 中国企業のキンテルコミュニケーションズは、ファーウェイとの提携により第5世代移動通信システム(5G)サービスの試験事業に成功した。クメールタイムズが報じた。

 同社は今後2年から3年の間で5Gのベース基地を3,000箇所に建設し、今年度末までに国内人口の9割以上に向けてサービス提供を可能にする計画を立てている。

 5Gはロボット工学や政府機能をより効率化することができ、インダストリー4.0(第4次産業革命)やデジタル化経済に向けて必要不可欠だ。

 キンテルの会長は、「5Gがもたらす役割は通信業界のみならず、国内の科学技術の進歩や経済成長にもいい影響を与えるだろう」と述べた。

 3つの主要な通信事業者(スマートアクシアタ、セルカード、メットフォン)はすでにここで5Gを試験運用しており、政府の目標に合わせて今年中に5Gサービスの提供を目指している。

  カンボジア電気通信規制機関の広報官は、「5G通信はインダストリー4.0やAI技術、IoT分野の進歩につながる。5Gサービスを展開するための規律や投資環境を整備する」と述べた。

経済の最新ニュースランキング
最新ニュース
ここ1ヶ月で注目度の高いニュース