カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年11月17日
  • カンボジアニュース

米国大統領選挙後、カンボジアの自国通貨はリエル高[経済]

news_201611173
(c)Phnom Penh Post

 米国大統領選挙前夜の11月7日、為替レートは1ドル4082リエルであった。11日時点ではリエルに対してドルが2.2%値下がりで1ドル3992リエルであった。プノンペンポスト紙が報じた。

 アクレダ銀行イン・チャンニーCEOは、「この結果は、米国大統領選挙の結果と関連していると思うが、カンボジアのリエルは安定している。リエルはドルよりも安全な投資だと思うし、それは国内金融機関の姿勢にも反映されている」と述べた。

 ある経済専門家は、「十分なデータがないため確かなことは言えないが、リエルの値上がりは外部要因と内部要因がある。外部要因としてトランプ氏の勝利によって米ドルが値下がりしたこと。内部要因としてカンボジアの農業セクターが収穫期であること。農村地域では農業製品を購入するためのリエルが必要とされているためだ。地方では、ドルではなくリエルで経済が動いている」と述べた。

関連記事
経済
最大手のアクレダ銀行、昨年は多額の利益を計上 カンボジア[経済]
(02月12日)
経済
第3四半期、住宅ローンの申請件数が50%増加 カンボジア[経済]
(19日)
経済
上場7銘柄のうち4銘柄の株価が公募価格を下回る カンボジア[経済]
(11日)
経済
IMF、カンボジア経済のドル化が高いままと指摘[経済]
(10月28日)
経済
上半期のインフレ率は2.5%上昇 カンボジア[経済]
(07月10日)
経済
通貨リエルの安定性に向けた課題 カンボジア[経済]
(03月31日)
あわせて読みたい
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
業界
銀行業界は強い成長を見せている [金融・保険]イン・チャンニー
業界
アプリケーションの開発に試行錯誤を繰り返した[金融・保険] シン・チャン・モー(1/2)
業界
カンボジアの金融革新のリーダーであり続けます [金融・保険] ジョジョ・マロロス
業界
常に革新的な商品とサービスを提供し続ける [金融・保険] パン・イン・トン
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース
ここ1ヶ月で注目度の高いニュース