カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

2022年02月07日

Jトラストロイヤル銀行は2022年の幕開けに2つの新支店をグランドオープンしました。

プノンペン:2022年1月27日、J トラストロイヤル銀行はそれぞれプノンペンの南東部と北部に位置するチバーアンポフ(Chbar Ampov) とセンソク(Saensokh)2つの新店舗(※ブランド変更後に開店した初めての店舗)のグランドオープニングセレモニーを開催しました。

イベントは、カンボジア国立銀行総裁H.E Chea Chantoの代理としてカンボジア国立銀行監督総局長H.E. Rath Sovannorak、日本大使館公使 狩俣篤志氏、J トラストロイヤル銀行会長Neak Oknha Kith Meng、取締役、シニアマネジメントチーム、ビジネスパートナー、および銀行のお客様らが出席して行われました。

このセレモニーでは、カンボジア国立銀行の銀行監督総局長H.E. Rath Sovannorak からJトラストロイヤル銀行最高経営責任者明珍徹へ、Jトラストロイヤル銀行チバーアンポフ支店およびセンソク支店の業務ライセンスが授与されました。

授与には、在カンボジア日本大使館公使 狩俣篤志氏,Jトラストロイヤル銀行会長Neak Okhna Kith Mengがともに立ち合いました。

Jトラストロイヤル銀行会長Neak Oknha Kith Mengはスピーチで、「今回の事業の拡大は、カンボジアで『最も信頼できる金融パートナー』として、カンボジアの発展と経済成長に貢献し、優れた顧客体験を提供するというコミットメントを再確認するとともに、カンボジアの金融セクターに対する当行の信頼の証しとなります」と述べました。

また、「カンボジア王国政府のデジタル経済・社会に関する政策枠組みの実施に伴い、Jトラストロイヤル銀行は、個人、中小企業、大企業のお客様向けの銀行業務をより一層便利にするため、デジタルバンキングサービスの近代化を進めていると述べました。

さらに当行は、テクノロジーを活用した商品・サービス充実を図るべく、継続的な取り組みを行っており、これにより、当行は質の高い商品とサービスをより身近にお届けできるようになる」と述べました。

カンボジア国立銀行の銀行監督総局長H.E. Rath Sovannorakは、「Jトラストロイヤル銀行のチバーアンポフ(Chbar Ampov)支店およびセンソク(Saensokh)支店の開設は、投資家や国民がカンボジアの銀行部門ならびに経済に対して、長期的なコミットメントと信頼を示しています。

カンボジア王国フンセン首相の賢明なリーダーシップとビジョンの下、王国は平和で、政治的にも経済的にも安定しており、特にカンボジア王国政府はCovid-19パンデミックの予防と対応に成果をあげている」と述べました。

日本大使館の公使 狩俣篤志氏は、「Jトラストロイヤル銀行の2つの支店がグランドオープンすることで、カンボジア経済のさらなる発展とカンボジアの人々の生活水準の向上に貢献するでしょう」と祝辞を述べました。

当行のモットーである「顧客第一主義」に基づき、お客様のライフサイクルに合わせた商品・サービスの充実を図り、お客様にご満足いただけるサービスを提供することに変わりはありません。

信頼できるパートナーとしての地位を確定するために、この2つの新支店は建築デザインで差別化されています。Jトラストロイヤル銀行のコーポレートアイデンティティーを強調するだけでなく、カンボジアの豊かな文化の花の模様- プカーチャン(Kbach Phka Chan(沈香の花))-と日本の文化を融合させ、カンボジアのお客様と共に成長・成功することをエクステリアおよびインテリアデザインのコンセプトとしています。

Jトラストロイヤル銀行のチバーアンポフ支店およびセンソク支店は個人、中小企業及び大企業のお客様の日常的な銀行業務に至るまで、さまざまな視点からお客様のニーズにお応えするため開設されました。さらに同支店のプレミア・バンキング・サービス・ラウンジでは、象徴的なインテリアデザインを用いて高級感を演出し、専任知識を備えたリレーションシップ・マネージャーが窓口となって、プレミア・セグメントへの金融ソリューションを提供します。

J トラストロイヤル銀行について
J トラストロイヤル銀行はJトラスト株式会社(東京証券取引所上場)と カンボジア最大のコングロマリットの1つであるRoyal Groupの合弁企業です。J トラストロイヤル銀行はカンボジア最大級の外資系銀行の1つであり、プノンペン、シェムリアップ、バッタンバン、コンポンチャム、シアヌークビルなどの16支店で600人以上の従業員がカンボジア人およびカンボジア全土で働く海外駐在員にワールドクラスの金融サービスを不断の努力をもって提供して参ります。

関連記事
社会
PPCBank、眼病治療を無償提供 カンボジア低所得者層に[社会]
(06月28日)
経済
PPCBank、生命保険大手プルーデンシャルとの業務提携を発表 カンボジア[経済]
(02月04日)
経済
カンボジア信用情報機関、クレジットスコアを閲覧できるアプリを公開[経済]
(12月02日)
経済
中小企業のデジタル化への移行に期待と課題 カンボジア[経済]
(11月04日)
経済
PPCBank社債上場第2フェーズは応募超過に カンボジア[経済]
(10月12日)
社会
カンボジア人女性に金融リテラシー向上を後押し カンボジア[社会]
(30日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
業界
アプリケーションの開発に試行錯誤を繰り返した[金融・保険] シン・チャン・モー(1/2)
業界
カンボジアの金融革新のリーダーであり続けます [金融・保険] ジョジョ・マロロス
業界
人口の80%は銀行口座を持たない [金融・保険] ジョジョ・マロロス
業界
ANZグループとしても、世界70%の地域での営業活動を行う中で、アジアへの自由貿易の重要性を認識しています[金融・保険] レオニー・レスブリッジ

その他のプロモーション情報

[PPCBank] KHQRでカンボジア国内QR決済を一元化!
(05月16日 - 06月15日)PPCBank KHQRで国内20以上の決済サービスと相互決済     各分野での成長著しいカンボジアですが、とりわけ決済のキャッシュレス化はこの数年でめざましい進化を遂げました。その中でも、スマートフォンでのQRコード読み取りを活用したQR決済は日常的な存在となっています。  QR決済が普及する一方で、カンボジア国内の銀行や決済サービスからはそれぞれ独自のQRコードが次々に発行されました。店舗側にも顧客側にも便利なQR決...
[PPCBank] カンボジア国家社会保険基金(NSSF)保険料納付も手数料無料!
(03月09日 - 04月08日)【手数料無料】NSSF社会保険料納付もPPCBankがサポート     カンボジア国内企業には、NSSF(National Social Security Fund=国家社会保険基金)への企業登録および、そこで働く従業員のための社会保険料の毎月の納付が義務づけられています。  しかしながら、その納付窓口となっている金融機関の数が非常に限られてしまっているのも悩ましいところ。  さらにその納付手続きにも手数料が発生して...
Jトラストロイヤル銀行のKramoun Sar 支店とTuol Kouk 支店で納税サービ...
(01月25日 - 02月24日) Jトラストロイヤル銀行の納税サービスについて新たな一段の利便性を実現!  2021年12月6日より、企業法人のお客様は、資産税類、未利用土地税、印紙税、道路税支払いなど、あらゆる税金の支払いを、JトラストロイヤルKramoun Sar支店およびTuol kouk支店(月~金:8時~15時30分)やインターネットバンキングのJTR Connectで行うことができるようになりました。  詳しくは、カスタマーケアセンター(023-999-00...