カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2020年8月4日
  • カンボジアニュース

騙された住宅購入者達、将軍に対し非難の声 カンボジア[社会]

202000804-1
(c)Phnom Penh Post

 集合住宅を開発・販売していた現職公務員が、販売済みの物件を購入者に断り無く金融機関に売却していたとして、購入した27世帯が当局に解決を要求している。プノンペンポストが報じた。

 被害者の話によると、2つ星の将軍であるエム・ソクポウ氏は2018年から4.2メートル×14メートルの区画の土地と住宅を、3万9000ドルから4万5000ドル程で販売しており、一部の購入者はすでに30%から50%、1万ドルから2万ドル以上の支払いを済ませている。
 

 ある購入者は、「私は前金で1万ドル支払いましたが、建物が完成したら2万7000ドルを追加で支払う必要があります。前金として2万ドル以上支払った人もいますが、所有者である将軍夫妻は責任を放棄し、密かに物件をプライムマイクロファイナンスに売却していました」と話をしている。

 これに対しプノンペン都の国土整備・都市化・建設部門の責任者は、「27世帯からの苦情はまだ受け付けていない」と述べている。

関連記事
経済
専用アプリで固定資産税の支払い方法を簡素化 カンボジア[経済]
(08月31日)
経済
今年上半期の商業スペースの賃料、近年最大の下落 カンボジア[経済]
(07月29日)
経済
低価格帯の住宅販売、プノンペン西部で開発が進む カンボジア[経済]
(06月26日)
経済
プノンペンの不動産販売は依然として堅調 カンボジア[経済]
(04月08日)
経済
建設業界は依然として堅調 カンボジア[経済]
(03月17日)
経済
AIが地域の不動産市場を活性化させる カンボジア[経済]
(03月12日)
あわせて読みたい
注目
最新のプノンペンお買い物スポット エクスチェンジスクエア!
特集
注目すべき卓越した2つの物件、カサ・バイ・メリディアンとスカイラー・バイ・メリディアンに迫る
特集
カンボジア人の声 レオパレス21 ソク・ソピアック、ロー・ピセイ
特集
本音調査アンケート 調査リポート07-カンボジア人の住宅調査
特集
注目のコンドミニアム、カーサ・バイ・メリディアンについて迫る
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース