カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2020年4月10日
  • カンボジアニュース

カンボジア政府 国内全域に7日間の移動制限を課す[社会]

20200410
(c)Khmer Times

 フン・セン首相は9日、国内において7日間、州間での移動禁止を宣言した。クメールタイムズが報じた。

 首相は、「プノンペンへの出入り、他の州への出入り、全ての州間での移動を禁じる。これは4月9日24時から4月16日24時までの間に限る」と述べた。

 これに関して、陸路と空路、海運等での物資の輸送、公共車、トラック等は対象外となっている。衣料品従事者の病院等への移動も、1回につき4人までであれば可能だ。

 労働職業訓練省イット・ソムヘーン大臣は、「クメール正月は中止されたため、労働者は通常通り働く必要がある」と述べ、工場労働者に対し業務を続けるよう通達を出している。

 カンボジア労働組合総連合(NTUC)のファ・サリー会長は、「このクメール正月期間中に人々や労働者が故郷に帰り、タイから戻ってきた感染可能性のある親族に会うことは避けたい」と述べた。

関連記事
経済
2020年の縫製・製靴業ワーカーの最低賃金は月額192ドルに カンボジア[経済]
(11日)
労働
労働組合側は最低賃金11ドル以上の引き上げを要求 カンボジア[労働]
(03日)
経済
パンデミックによる解雇、損害賠償金の支払い免除 カンボジア[経済]
(07月02日)
経済
オンラインによるビジネス登録システムを開始 カンボジア[経済]
(06月16日)
経済
毎月40ドルの特別手当 来週より給付開始 カンボジア[経済]
(05月22日)
労働
クメール正月の出勤拒否した従業員の解雇は正当 カンボジア労働省[労働]
(04月14日)
あわせて読みたい
注目
CDLが労働許可証の取得代行サービスを開始
注目
カンボジア全国技能大会にて、技能五輪金メダリストによる電工デモを初めて実施!
業界
生産性を高める時期、日系企業は今こそ投資を[人材]ホン・チユン (2/2)
業界
日本の投資家はカンボジアの未来や労働状況を見極めるべき[人材]コイッ・ソミエン
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース