カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2018年8月1日
  • カンボジアニュース

2018年上半期 デング熱の症例数2倍 カンボジア[社会]

 カンボジア政府は25日水曜、2018年上半期のデング熱症例数が昨年の同じ期間に比べて2倍以上増加していると発表した。プノンペンポスト紙が報じた。

 保健省の寄生虫・昆虫・マラリア対策センター(CNM)は、1月から6月にかけてデング熱が3284件発生し、そのうち7件が死亡例だったと発表した。昨年は同期間にわずか1580件の発症例と1件の死亡例のみだった。

 CNMのダイレクターは、「6月から8月にかけてデング熱の症例数は増加する可能性がある。今年は熱帯地域に雨が多く、他国でも症例が増えている。同省は、毎年処方箋を準備しており、約300トンの薬と専門医療スタッフが対応している」と述べた。

関連記事
社会
5000万ドル投じ、トボンクムン州に病院建設 中国支援[社会]
(05日)
社会
健康診断とがん治療を無料で提供 カンボジア[社会]
(12月01日)
社会
保健省への登録を訴える カンボジア[社会]
(11月12日)
経済
中国江蘇省 シアヌークビルへさらなる投資へ カンボジア[経済]
(11月02日)
社会
カンタボパ小児病院に資金を提供 カンボジア[社会]
(10月14日)
法律
日本政府 建設労働者の安全性向上に協力 カンボジア[法律]
(10月01日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 ケーマインターナショナル総合病院 産婦人科 チャン・チャンノエウン 
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
注目
サンインターナショナルクリニックからのお知らせ
業界
外国人にとっての心構え。日系クリニックの現場で起きていること。
注目
インフルエンザ予防接種キャンペーンのお知らせ
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース