カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2017年9月30日
  • カンボジアニュース

カンボジアで最も著名な建築家 ヴァン・モリヴァン氏 死去[社会]

news_201709304
(c)Khmer Times
 著名なカンボジアの建築家であるヴァン・モリヴァン氏が28日、シェムリアップ州の自宅で死去した。91歳だった。クメールタイムズ紙が報じた。

 同氏は1926年11月23日、カンポット州生まれ。1947年から1956年にかけて、フランスで建築を学び、1957年から1970年の間に著しい創造性を発揮し、数々の建築を作り上げた。

 同氏の作品はプノンペン周辺でも見ることができ、代表作として、蓮の形をした独立記念塔(1958年)、オリンピックスタジアム(1964年)、チャトモック国際会議場(1968年)などがある。

 その他の有名な作品として、プレア・スラマリット国立劇場と閣僚評議会があったが、これらの建築は、都市開発のために2008年に解体されている。モリヴァン氏は、数多くの業績を残し、カンボジアで最も有名な人物の1人であり、生涯にわたって愛された人物であった。

社会の最新ニュースランキング
最新ニュース