カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2017年9月30日
  • カンボジアニュース

カンボジアで最も著名な建築家 ヴァン・モリヴァン氏 死去[社会]

news_201709304
(c)Khmer Times
 著名なカンボジアの建築家であるヴァン・モリヴァン氏が28日、シェムリアップ州の自宅で死去した。91歳だった。クメールタイムズ紙が報じた。

 同氏は1926年11月23日、カンポット州生まれ。1947年から1956年にかけて、フランスで建築を学び、1957年から1970年の間に著しい創造性を発揮し、数々の建築を作り上げた。

 同氏の作品はプノンペン周辺でも見ることができ、代表作として、蓮の形をした独立記念塔(1958年)、オリンピックスタジアム(1964年)、チャトモック国際会議場(1968年)などがある。

 その他の有名な作品として、プレア・スラマリット国立劇場と閣僚評議会があったが、これらの建築は、都市開発のために2008年に解体されている。モリヴァン氏は、数多くの業績を残し、カンボジアで最も有名な人物の1人であり、生涯にわたって愛された人物であった。

関連記事
社会
カンボジア 今年9月までに自然災害によって70人が死亡[社会]
(08日)
社会
9月27日から10月3日まで 大雨・洪水の警報 カンボジア[社会]
(09月29日)
経済
ローカル向けの低価格帯コンドミニアムの販売により平均販売価格が低下[経済]
(09月17日)
社会
カンボジア国家警察 ひったくり犯罪の取り締まりを強化[社会]
(09月12日)
経済
トゥールコーク区に多文化ホール 伝統や歴史に焦点を当てた不動産プロジェクト[経済]
(09月04日)
社会
フン・セン首相 政府に批判的な新聞に対し納税を要求[社会]
(08月08日)
あわせて読みたい
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
業界
他社から抜きんでた会社になるためには、『革新』が大事です [建設・内装] エリダ・キムスルン
業界
建設現場でのカンボジアと日本の違いを間近で見てわかったこと[建設・内装] 谷俊二(2/2)
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース