カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2017年9月17日
  • カンボジアニュース

スマートアクシアタ 社会スポーツ学校の運営に向けNGOと協力[社会]

news_201709161
(c)Phnom Penh Post

 スマートアクシアタは、企業の社会的責任義務の一環として、プノンペンのストゥン・ミンチェイ地区で社会スポーツ学校を運営するため、フランスのNGOであるPour un Sourire d’Enfant(PSE)との4年間にわたるパートナーシップを発表した。プノンペンポスト紙が報じた。

 スペインで47の社会スポーツサッカースクールの運営を支援している非営利団体のレアル・マドリード・ファウンデーション(RMF)の主導で行われる同社会スポーツ学校は、青少年らのスポーツを促進し、総合的に個性を育むことを目指している。

 スマートアクシアタのトーマス・ハントCEOは、「他にも学生に経験を与えるためサッカーフィールドに資金出資する」と説明した。同社によると、900人以上の若者がこの取組みの恩恵を受けると予想されている。

 RMFの責任者によると、入校は社会経済的に恵まれていない者から優先順位付けにして行われるという。また、6歳から17歳の子供たちが性別問わず、経済的負担なしに学習を受ける機会に恵まれる。

関連記事
経済
アクシアタグループ カンボジア市場で好調なるもマレーシア親会社は純利益減少[経済]
(11月28日)
社会
水祭りに備え 可動性のある携帯電話基地局の配備を要請[社会]
(10月17日)
経済
スマートアクシアタ 主要オンラインメディア・サバイの株式30%を取得[経済]
(10月11日)
経済
携帯電話会社に全加入者の登録を要請 カンボジア電気通信規制機関[経済]
(08月23日)
経済
水道料金のモバイルアプリ決済は進むか スマートルイ[経済]
(08月22日)
経済
カンボジアの携帯電話事業 業界3位のセルカードが猛追[経済]
(08月16日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (2/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
注目
ヒマワリホテルから新しいヨガクラスのご案内
特集
トップインタビュー スマートアクシアタ CEO トーマスハント No.1
業界
通信インフラ的に、カンボジアはもう後発途上国ではない[通信・IT] トーマス・ハント (3/3)
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース