カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2017年9月4日
  • カンボジアニュース

フン・セン首相を侮辱したとして逮捕された女性 釈放[社会]

news_201709032
(c)Phnom Penh Post

 バンテイメンチェイ地方裁判所は、フン・セン首相を侮辱したとして逮捕された女性を釈放した。プノンペンポスト紙が報じた。

 同裁判所の検察官は、「女性はフン・セン首相に謝罪の手紙を送付することに同意し、我々は彼女を釈放した」と述べた。女性は、地元メディアで「国民の裏切り者」と呼ばれた演説に対して、記事にコメントし土曜日の夜ポイペトで逮捕された。

 首相はオンライン批判に敏感で、批判的な演説や独立メディア、NGO、政治家に対して弾圧を実施したとして非難されている。同様のケースで、首相の顔を掲げた看板にサンダルを投げつけた縫製労働者にも逮捕状が出ている。

関連記事
社会
バンテイメンチェイ州など7州で4万Haの水田が干ばつ[社会]
(07月22日)
経済
4つの太陽光発電プロジェクトを承認 カンボジア[経済]
(07月15日)
社会
中国人が国境都市ポイペトに群がる カンボジア[社会]
(04月29日)
社会
フン・セン首相 クメール新年に向けてメッセージで実績を強調 カンボジア[社会]
(04月11日)
社会
カンボジア新年に向け公共交通機関を無料提供 [社会]
(04月08日)
政治
フン・セン首相 今年第1四半期で10億6800万ドルの税収があったと発表 カンボジア [政治]
(04月05日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
業界
日本の投資家はカンボジアの未来や労働状況を見極めるべき[人材]コイッ・ソミエン
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース