カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2017年9月4日
  • カンボジアニュース

フン・セン首相を侮辱したとして逮捕された女性 釈放[社会]

news_201709032
(c)Phnom Penh Post

 バンテイメンチェイ地方裁判所は、フン・セン首相を侮辱したとして逮捕された女性を釈放した。プノンペンポスト紙が報じた。

 同裁判所の検察官は、「女性はフン・セン首相に謝罪の手紙を送付することに同意し、我々は彼女を釈放した」と述べた。女性は、地元メディアで「国民の裏切り者」と呼ばれた演説に対して、記事にコメントし土曜日の夜ポイペトで逮捕された。

 首相はオンライン批判に敏感で、批判的な演説や独立メディア、NGO、政治家に対して弾圧を実施したとして非難されている。同様のケースで、首相の顔を掲げた看板にサンダルを投げつけた縫製労働者にも逮捕状が出ている。

関連記事
経済
プノンペン―タイ国境を結ぶ鉄道 第一段階の完成[経済]
(16日)
経済
カンボジア・タイ間鉄道開通目前 国境の町ポイペトが発展[経済]
(05日)
政治
ケム・ソカ氏 控訴裁判所で保釈要求を却下 カンボジア[政治]
(02日)
経済
プノンペン―ポイペト間の鉄道工事 2018年末までに完成へ[経済]
(01月20日)
政治
来年7月総選挙後まで閣僚再編は無い可能性 カンボジア[政治]
(12月27日)
政治
フン・セン首相 欧州議会の制裁に対し「関心がない」[政治]
(12月16日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
業界
日本の投資家はカンボジアの未来や労働状況を見極めるべき[人材]コイッ・ソミエン
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース