カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2017年7月17日
  • カンボジアニュース

トルコ大使 プノンペンのインターナショナルスクールの閉鎖を依然として要求[社会]

 昨年トルコで起きたクーデター失敗から1年が過ぎ、在カンボジアトルコ大使のイルハン・ケマル・トゥ氏は、トルコ政府はザマン・インターナショナルスクール(ZIS)の閉鎖を依然として望んでいるとした。クメールタイムズ紙が報じた。

 昨年7月、大使はトルコで発生し失敗したクーデターに対して、疑いのある共謀者がプノンペン市内にあるインターナショナルスクール、ザマンインターナショナルスクール(ZIS)と繋がっていたと主張し、政府や関係者に対し、同校への一切の支持の打ち切りとともに、同校に対しカンボジアにおける活動の停止を求めていた。トルコ政府は、ZISを閉鎖するためにカンボジア政府に与える文書と証拠を準備していたという。

 クーデターの失敗から1年が過ぎ、トルコ大使館で開かれた記者会見において大使は、「トルコ政府は依然として学校の閉鎖を望んでいる」と述べた。また、ZISへの告発に対する証拠や文書をカンボジア政府に提出することに関しては、いかなる詳細にも触れることを拒否した。

 これに対し、ZISの関係者は、大使の主張は根拠がなく証拠が不十分だとし、テロ組織との関係を否定している。

関連記事
社会
クメール正月中 交通事故91件、死亡者数は47人に[社会]
(21日)
政治
フン・セン首相 カンボジアの科学研究分野の予算を増額[政治]
(03月18日)
社会
さらに約100人の中国人 VoIPによる詐欺行為で逮捕[社会]
(03月13日)
社会
薬物取締の特別部隊を空港へおくことを検討 カンボジア当局[社会]
(03月07日)
社会
交通法と薬物法の教育を宗教指導者達に要請 カンボジア[社会]
(03月05日)
政治
教育関係者を解雇 政治的理由か シェムリアップ州[政治]
(02月19日)
あわせて読みたい
特集
ただ代わりに得るものは、世界へ飛び立てる切符。
特集
カンボジアのシリコンバレー
特集
本音調査アンケート 調査リポート04―日本人の常識はカンボジア人の非常識
業界
日本の学校ではできない体験ができる[教育・学習支援]三浦 信宏(2/2)
業界
カンボジアとの関わりも教育に導入[教育・学習支援]三浦 信宏(1/2)
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース