カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2017年5月18日
  • カンボジアニュース

プノンペン ホワイトビルディングの売却に進展[社会]

news_201705184
(c)Phnom Penh Post

 まもなく壊される予定の「ホワイトビルディング」に住む家族のうち、71世帯以上の家族が、国土整備・都市化・建設省からの提案である、1平方メートルあたり1400ドルの補償に合意する姿勢をみせた。ホワイトビルディングには合計493世帯が住んでおり、1963年に設計された。プノンペンポスト紙が報じた。

 金曜日、チア・ソパーラー大臣は住民に対し、現地で21階建ての複合使用を開発している日系会社からの最高額の提案は1平方メートル当り1400ドルとなると語った。

 住人の代表者は、自治体の住民の90%がこの申し込みにサインすると予想しながら、小区画の地所に住む1階の人々は、受け取りを控えると予想している。

関連記事
社会
カンボジア人の35パーセント 未だ貧困状態 [社会]
(26日)
観光
プレシアヌーク州に新たなビーチ建設へ カンボジア [観光]
(25日)
経済
カンボジア国立銀行と国際通貨基金が議論 カンボジア[経済]
(23日)
政治
フン・セン首相 国連へ向かう カンボジア[政治]
(22日)
経済
カンボジア 著しい経済成長 マッキンゼー報じる[経済]
(21日)
経済
フン・セン首相 経済の多様化を求める カンボジア [経済]
(20日)
あわせて読みたい
特集
チア・ソパーラー大臣が語る、歴史からの再興を遂げたカンボジアの可能性
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース