カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2016年8月8日
  • カンボジアニュース

選挙登録期間としてプチュンバン(カンボジアのお盆)が5日間延長か[社会]

 市民団体の代表が国家選挙管理委員会(National Election Committee=NEC)に対し、労働職業訓練省と協力して、人々の選挙登録期間としてプチュンバン後に5日間の休日を増やすよう要請した。対象は、公務員、民間の従業員、縫製工、出稼ぎ労働者となっている。

 今回の要請を行った市民団体の代表は、「選挙登録により選挙人名簿を充実させることは、選挙プロセスを完成させるためにはとても重要だ」と述べている。

 クメールタイムズ紙によれば、NECのスポークスマンは今回の要請に関し、会議で議論する予定だと明かした。

 なお、市民団体が要請する選挙登録のための休日について、プチュンバンに連結する理由、5日間とする根拠、また与えられた休日中に選挙登録を怠った市民への措置などは不明だ。

関連記事
労働
年功手当の支給期限を2021年12月まで延期を決定 カンボジア[労働]
(26日)
労働
カンダール州の衣服作業員84人が失神などの被害 カンボジア[労働]
(25日)
労働
衣服労働者は月2回の給与支給を歓迎している カンボジア[労働]
(09日)
労働
衣服労働者等によるストライキやデモが激減 カンボジア[労働]
(07日)
労働
移民労働者の保護の強化を労働職業訓練省に要請 カンボジア[労働]
(02月20日)
社会
中学校中退者向けにオンライン教育 カンボジア教育省[社会]
(01月23日)
あわせて読みたい
注目
CDLが労働許可証の取得代行サービスを開始
注目
カンボジア全国技能大会にて、技能五輪金メダリストによる電工デモを初めて実施!
業界
生産性を高める時期、日系企業は今こそ投資を[人材]ホン・チユン (2/2)
業界
日本の投資家はカンボジアの未来や労働状況を見極めるべき[人材]コイッ・ソミエン
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース