カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2016年5月23日
  • カンボジアニュース

カンボジア保健省、公共の場所での喫煙者に罰金を科す[社会]

news_20160523_mini 
(c)Khmer Times

 先週、保健省が公共の場所での喫煙者に5ドルの罰金を科す省令を公布したと、クメールタイムズ紙が報じた。今後、公衆衛生の改善と受動喫煙の防止のため、同省は施設入口やトイレの近くなどに禁煙標識の設置や監視員が必要となる。

 なお、3ヶ月前に同趣旨の政令が公布されていたが今まで効果は無かった。

 2006年に設立されたNGO、カンボジア健康運動(Cambodian Movement for Health=CMH)の責任者は、「国内の喫煙者数は約100万人、また約50万人が噛みタバコを使用しており、タバコが要因の死亡者数は毎年約1万人、そのうち90%が肺癌によるもの」と語っている。

 計画省の報告書によると、国内の60%が毎年受動喫煙の影響を受けており、これは他アセアン諸国に比べても割合が高く、受動喫煙はレストランやカフェで発生する可能性が最も高いという。

関連記事
法律
日本政府 建設労働者の安全性向上に協力 カンボジア[法律]
(01日)
政治
フン・セン首相が警告 怠惰な官僚は解雇される カンボジア [政治]
(09月04日)
経済
カンボジア国立銀行 企業に向けてデータ収集に協力を呼びかける[経済]
(08月20日)
経済
フン・セン首相 保健省と教育省の予算増額発表[経済]
(08月18日)
社会
2018年上半期 デング熱の症例数2倍 カンボジア[社会]
(08月01日)
社会
カンボジア保健省 雨季にインフルエンザを警告[社会]
(06月24日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人を雇用する日本人の苦悩
注目
CDLが労働許可証の取得代行サービスを開始
注目
カンボジア全国技能大会にて、技能五輪金メダリストによる電工デモを初めて実施!
業界
全企業が同じ法律に基づき平等に競争することが重要[人材] ケビン・ブリテン (3/3)
業界
直近の解決方法はこちらが英語を理解すること[人材] ケビン・ブリテン (2/3)
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース