カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2016年5月23日
  • カンボジアニュース

カンボジア保健省、公共の場所での喫煙者に罰金を科す[社会]

news_20160523_mini 
(c)Khmer Times

 先週、保健省が公共の場所での喫煙者に5ドルの罰金を科す省令を公布したと、クメールタイムズ紙が報じた。今後、公衆衛生の改善と受動喫煙の防止のため、同省は施設入口やトイレの近くなどに禁煙標識の設置や監視員が必要となる。

 なお、3ヶ月前に同趣旨の政令が公布されていたが今まで効果は無かった。

 2006年に設立されたNGO、カンボジア健康運動(Cambodian Movement for Health=CMH)の責任者は、「国内の喫煙者数は約100万人、また約50万人が噛みタバコを使用しており、タバコが要因の死亡者数は毎年約1万人、そのうち90%が肺癌によるもの」と語っている。

 計画省の報告書によると、国内の60%が毎年受動喫煙の影響を受けており、これは他アセアン諸国に比べても割合が高く、受動喫煙はレストランやカフェで発生する可能性が最も高いという。

関連記事
経済
モンゴルの人気レストランチェーン リトル・シープがプノンペンにオープン[経済]
(10月06日)
経済
カンボジアで衣服労働者向け無料医療サービス 1月より開始[経済]
(09月06日)
経済
カンボジア料理・クイティウの普及のため、ブランド立ち上げ[経済]
(09月03日)
経済
ミシュランの星付きレストラン イオンモールにオープン[経済]
(08月12日)
社会
生活習慣病の増加 健康への配慮を警告 カンボジア保健省[社会]
(08月10日)
経済
バンコクの大手日本食チェーン プノンペンに進出予定[経済]
(08月08日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人を雇用する日本人の苦悩
業界
全企業が同じ法律に基づき平等に競争することが重要[人材] ケビン・ブリテン (3/3)
業界
直近の解決方法はこちらが英語を理解すること[人材] ケビン・ブリテン (2/3)
業界
現在のカンボジアの技術職支援には、水平的取り組みが必要[人材] ケビン・ブリテン (1/3)
業界
生産性を高める時期、日系企業は今こそ投資を[人材]ホン・チユン (2/2)
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース