カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

特別レポート(2018/11発刊9号より)
カンボジアの現地パートナーと出会うならCJBI(2/3)
TOP

カンボジアで苦戦する日本企業に共通した特徴がある。その一つとして良い現地パートナーに恵まれてない、または現地パートナーがいないことが挙げられる。日本には日本のやり方があるように、カンボジアにはカンボジアの流儀がある。現地パートナー不在のままで、カンボジアの流儀に沿ったビジネス戦略を局面ごとに思案し実行することは難しいといえるだろう。日本とカンボジアのビジネス機会を創出するため設立された、「カンボジア日本経営者同友会(CJBI)」という団体の篠原勝弘会長とイエン・ソティアラ代表に話を聞いた。

前回の続き

篠原さんとカンボジアの絆

――篠原さんにとってのカンボジアとの関わりについてお聞かせください

篠原 私は、これまでカンボジアを専門にしてきたので、カンボジアのためにやりたいという思いがありました。カンボジアがバランスの取れた経済発展をするにはどうすれば良いかという問題について JICA 、JETRO、JBACと共にオールジャパンで考えてきました。まだ団体は3年しかまだ経っていないので、その実績は必ずしも理想通りにはなっていませんが、むしろこれは息の長い団体でこれからどんどん育っていきます。色々なアイデアを出してなるべく多くのカンボジアの人たちを惹きつけるよう努力しています。

 みなさんはASEANの国々に投資していますけど、ただ投資をするだけではなく、その国のためにどのような貢献ができるかを考えていると思います。タイは、商工会を中心にやっているけど、カンボジアの場合は新しい団体を作って、政府色々な機関と一緒になって協力していくというのが主旨だと思います。

 カンボジアは1967年にきました。外務省の語学研修生としてきました。3年間カンボジアを勉強する予定だったのですが、戦争が原因で、政治状況がかなり変わってきました、大使館としては早く研修を終えて欲しいとのことで2年で研修を終えました。それから、結局、戦争の間もいて5年半ぐらいカンボジアにいました。その後、長い戦争とポル・ポト時代があった影響で、長い間カンボジアに来られませんでした。1991年のパリ和平協定により、カンボジアへ戻って来られました。2回目の勤務は、約20年ぶりでした。

日本人投資家の印象

――カンボジア人投資家から見た日本人投資家の印象をお聞かせください

ソティアラ カンボジア人から見ると、日本人投資家は良いビジネスパートナーとなると常に考えています。CJBIは、カンボジアと日本の投資家の間のビジネス協力を促進することができます。なぜなら、日本人との仕事は、仕事倫理、道徳性、忠誠心のすべてが詰まっているからです。加えて、彼らは誰に対しても手助けをし、親切です。さらに、カンボジア人と日本人の感情と理解の感覚は非常によく似ています。しかし、仕事関連のこと、例えば、仕事に対する考え方は少し異なります。

CJBIはカンボジア企業24社と日本企業4社で構成され、合計で28社です。これらのメンバーがいれば、CJBIが可能性の溢れた投資家と出会い、自己啓発や企業の発展のために学べることができる場所であると思います。

ソティアラ


その他の特集記事

  • カンボジアのシリコンバレー
  • カンボジアのシリコンバレー(2016/11発刊5号より) カンボジアのシリコンバレー  会ってすぐ、その頭の回転の速さが分かる。「突き抜けていないものは要らないんです。」そう話すのは、本人もIT分野で起業し、日本のシェア[続きを読む]