カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2019年12月4日
  • カンボジアニュース

カンボジア、公共雇用サービスをデジタル化に向けた取り組みを優先[労働]

news_201912041
(c)Khmer Times

 カンボジア・シェムリアップ州世界公共雇用サービス協会(WAPES)が主催によるアジア太平洋地域会議が開催され、「公共雇用サービスのデジタル化」をテーマに2日間に渡りセッションが行われた。クメールタイムズが報じた。

 移民の労働市場への参入に関わる公共雇用サービスの意思決定者や専門家、公共雇用サービスのデジタル化に関心のある国際機関の代表者、NGOなど、12カ国から約400人が参加した。

 労働職業訓練省イット・ソムヘーン大臣はこの会議について雇用市場サービスのデジタル化促進に向けた技術や経験を共有する重要な機会であると指摘し、「特にカンボジアのように、公共雇用サービスを始めたばかりで、完全なデジタル化に向けて努力している国にとって有用だ」と述べた。

 カンボジアでも公共雇用サービスが2009年から開始されているが、「利用はまだ限られており、レベルは低い」と述べ、「人口統計や経済、労働市場の変化に迅速に対応するため、引き続き取り組んでいく」と付け加えた。

関連記事
経済
中国のサプライチェーンは回復している[経済]
(03月18日)
経済
原材料搭載の1000個のコンテナが中国から到着 カンボジア[経済]
(03月16日)
労働
フン・セン首相、操業停止により停職中の労働者に向け支援策を提示 カンボジア[労働]
(03月10日)
社会
米政府機関、ウエステルダム号の陽性反応女性は感染者ではないと一時発表 カンボジア[社会]
(02月25日)
労働
移民労働者によるカンボジアへの海外送金額が総額28億ドルに達する[労働]
(02月24日)
労働
カンボジア労働省、雇用調整される7000人の縫製工に金銭支給[労働]
(02月17日)
あわせて読みたい
注目
CDLが労働許可証の取得代行サービスを開始
注目
カンボジア全国技能大会にて、技能五輪金メダリストによる電工デモを初めて実施!
業界
生産性を高める時期、日系企業は今こそ投資を[人材]ホン・チユン (2/2)
業界
日本の投資家はカンボジアの未来や労働状況を見極めるべき[人材]コイッ・ソミエン
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース