カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2019年3月11日
  • カンボジアニュース

国家社会保障基金(NSSF) 出産した女性労働者に合計700万ドルを支給[労働]

news_201903111
(c)Khmer Times

 国家社会保障基金(NSSF)によると、2018年は出産した6万5054人の女性労働者に対し、合計で約700万ドルを支給した。クメールタイムズ紙が報じた。

 カンボジアの社会保険制度は、NSSFにより運営されており、労働職業訓練省が実務を、経済財政省が財政面を管轄する公共法人。従業員数の国籍を問わず事業者は、会社設立から30日以内にNSSFに登録しなければならない。

 カンボジアの縫製業には約70万人が雇用されており、そのほとんどが女性。フン・セン首相は2017年9月、出産した縫製工に100ドル、双子の子供に200ドル、3つ子に300ドルのボーナスを支給すると約束していた

 最新の報告によると、政府は1月から2月末までの間に出産した約1万2779人の女性労働者に対し、合計で122万8440ドルを支給しており、前年同期比約55%増となった。政府は年間1000万ドルの予算を確保しているという。

関連記事
労働
カンボジア国内の人材が育てば、海外からの人材を減らせられる[労働]
(03月29日)
労働
衣服労働者は月2回の給与支給を歓迎している カンボジア[労働]
(03月09日)
労働
衣服労働者等によるストライキやデモが激減 カンボジア[労働]
(03月07日)
労働
世界人材競争力指数 カンボジアはASEAN諸国最下位[労働]
(02月02日)
労働
建設労働者の最低賃金の設定 待遇改善が期待される カンボジア[労働]
(01月04日)
社会
健康診断とがん治療を無料で提供 カンボジア[社会]
(12月01日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人を雇用する日本人の苦悩
業界
全企業が同じ法律に基づき平等に競争することが重要[人材] ケビン・ブリテン (3/3)
業界
直近の解決方法はこちらが英語を理解すること[人材] ケビン・ブリテン (2/3)
業界
現在のカンボジアの技術職支援には、水平的取り組みが必要[人材] ケビン・ブリテン (1/3)
業界
日本の投資家はカンボジアの未来や労働状況を見極めるべき[人材]コイッ・ソミエン
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース