カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2019年3月11日
  • カンボジアニュース

国家社会保障基金(NSSF) 出産した女性労働者に合計700万ドルを支給[労働]

news_201903111
(c)Khmer Times

 国家社会保障基金(NSSF)によると、2018年は出産した6万5054人の女性労働者に対し、合計で約700万ドルを支給した。クメールタイムズ紙が報じた。

 カンボジアの社会保険制度は、NSSFにより運営されており、労働職業訓練省が実務を、経済財政省が財政面を管轄する公共法人。従業員数の国籍を問わず事業者は、会社設立から30日以内にNSSFに登録しなければならない。

 カンボジアの縫製業には約70万人が雇用されており、そのほとんどが女性。フン・セン首相は2017年9月、出産した縫製工に100ドル、双子の子供に200ドル、3つ子に300ドルのボーナスを支給すると約束していた

 最新の報告によると、政府は1月から2月末までの間に出産した約1万2779人の女性労働者に対し、合計で122万8440ドルを支給しており、前年同期比約55%増となった。政府は年間1000万ドルの予算を確保しているという。

関連記事
労働
操業停止により20万人の工場労働者に影響 業界団体が発表[労働]
(05月07日)
経済
中国のサプライチェーンは回復している[経済]
(03月18日)
労働
日本の厚生労働省、WAPESと共同でカンボジアのNEA(国家雇用機構)を支援[労働]
(02月07日)
労働
縫製労働者の失神例は昨年減少した カンボジア[労働]
(01月15日)
労働
フン・セン首相、家賃を値上げしないよう家主に呼びかける[労働]
(12月27日)
労働
1万人近い移民労働者がタイから強制送還 カンボジア[労働]
(12月19日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 JC Agricultural Cooperatives Co.,Ltd ジェネラルオペレーションオフィサー ノウン・クンティー
特集
カンボジア人の声 AIA生命保険 ファイナンシャルプランナー チェア・チャンメトレイ
特集
カンボジア人を雇用する日本人の苦悩
業界
全企業が同じ法律に基づき平等に競争することが重要[人材] ケビン・ブリテン (3/3)
業界
直近の解決方法はこちらが英語を理解すること[人材] ケビン・ブリテン (2/3)
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース