カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2018年2月22日
  • カンボジアニュース

外国人労働許可証などの査察を強化する予定 カンボジア労働省[労働]

 カンボジア政府は、雇用主に対して外国人労働者のワークパーミットや、提出書類についての審査を強化する予定だ。プノンペンポスト紙が報じた。

 今週初めに内務省労働職業訓練省が声明を出した。プノンペンポスト紙が報じた。

 当局は、企業やNGO団体、カジノなどのエンターテイメント施設を訪問し、事業主が外国人労働者に有効なワークパーミットやVISAの取得など、法令を遵守するよう求めるという。

 カンボジアは、長期にわたって外国人労働者や移住者に対して、ずさんな管理をしていたが、ここ数カ月で労働許可とビジネスビザについて長年の規則を施行するよう追い込みをかけている。

関連記事
政治
内務大臣 一連の報道を非難 カンボジア [政治]
(13日)
政治
カンボジアの社会保障制度を推進する新たなパートナーシップ カンボジア[政治]
(11日)
政治
企業に外国人の労働許可を申請するよう指示 カンボジア[政治]
(09日)
政治
新たに2つの州が承認される カンボジア[政治]
(01日)
労働
縫製工場 労働職業訓練省の指示に従い従業員に休暇を与える[労働]
(07月31日)
労働
退職金の一部支払 改正労働法は未だ施行されず カンボジア[労働]
(07月29日)
あわせて読みたい
注目
CDLが労働許可証の取得代行サービスを開始
注目
カンボジア全国技能大会にて、技能五輪金メダリストによる電工デモを初めて実施!
業界
生産性を高める時期、日系企業は今こそ投資を[人材]ホン・チユン (2/2)
業界
日本の投資家はカンボジアの未来や労働状況を見極めるべき[人材]コイッ・ソミエン
業界
カンボジアのマーケットに参入してきた人材会社は100以上[人材]ソー・キナール (1/2)
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース