カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2017年7月12日
  • カンボジアニュース

カンボジア 日本で働く研修生のための契約締結[労働]

 10日、労働職業訓練省イット・ソムヘーン大臣は、カンボジア人の研修生が日本で働くことを容易にするため、日本と覚書(MOU)を締結した。クメールタイムズ紙が報じた。

 カンボジア人の研修生が渡航前に専門的知識や経験等を証明しなくても、日本での技術研修を受けることを可能とるもので、イット労働大臣は、「新制度は研修生が日本で働くことを容易にするだろう」と語り、「農業、建設、産業分野において、現在日本には5000人のカンボジア人研修生がいる」と付け加えた。

 人権団体セントラルの代表者は、「一部のケースでは、日本でカンボジアからの研修生が酷使されるのではないかと懸念している。彼らは労働者として働くものの、研修生とみなされるため、収入は低くなるだろう」との懸念を見せた。

関連記事
労働
カンボジア労働省、2020年末までに社内診療所の設置を要請[労働]
(05日)
労働
カンボジア、公共雇用サービスをデジタル化に向けた取り組みを優先[労働]
(04日)
労働
外国人労働者に関する許可申請締切を12月末に延長 カンボジア[労働]
(11月25日)
労働
タイから大量に移民労働者が帰国 カンボジア[労働]
(11月07日)
労働
カンボジア、ラオス、ミャンマー、移民労働者保護に取り組む[労働]
(11月04日)
労働
ILO、法令遵守の監視体制の弱さ指摘 カンボジア[労働]
(10月22日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 AIA生命保険 ファイナンシャルプランナー チェア・チャンメトレイ
特集
カンボジア人を雇用する日本人の苦悩
注目
CDLが労働許可証の取得代行サービスを開始
注目
カンボジア全国技能大会にて、技能五輪金メダリストによる電工デモを初めて実施!
業界
全企業が同じ法律に基づき平等に競争することが重要[人材] ケビン・ブリテン (3/3)
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース